売らずに売る技術

高級ブランドに学ぶ安売りせずに売る秘密

ジャンル
産業・業界, 戦略, マーケティング
著者
ページ数
312ページ
出版社
定価
1,836円
出版日
2016年01月30日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

これまで、ラグジュアリーブランドは、ある種閉ざされた「エクスクルーシブな特別感」によってその高級な地位を維持してきた。しかし、スマートフォンやソーシャルメディアの普及によって、その戦略は過去のものとなっている。いくつかのラグジュアリーブランドは、ブランドのDNAである「物語」を指針としながら、そこからブレないように、消費者の価値観に応じて着実に変化を遂げてきた。
企業が広告によって「売ろうとして売る」ことが難しくなった現代では、そんな彼らの戦略から学ぶことが実に多い。今後必要となるのは、消費者のコミュニティの内側に届く「体験」を生み出し、その価値を「デジタル戦略」によって最大化し、絆を強めていくことだ。企業の「売りたい意思」を一方的に押し付けるのではなく、消費者が感動するような体験をデザインすることで、「良い口コミ」の拡散を期待できる。これが「体験の創造が重要」と強調される所以だ。企業は、消費者のコミュニティの一員として、「正直」に接することが求められる。
著者は新しい消費者たちの特徴を分析し、メルセデスやバーバリー、シャネルといった、高級ブランドの戦略を例にとって、アプローチのポイントを解説している。「モノ」から「体験」へと価値が移行しつつある時代において、「売らずに売る技術」、つまり「愛される技術」は、ブランディングに関わる人はもちろん、あらゆるビジネスパーソンにとって押さえておきたい知識だといえる。 (池田 明季哉)

著者情報

小山田 裕哉(おやまだ ゆうや)
ライター・編集者。1984生まれ。岩手県出身。日本大学芸術学部映画学科卒業後、映画業界、イベント業などの職種を経て、フリーランスのライターとして執筆活動を始める。扱うジャンルは幅広く、ビジネス・カルチャー・ファッション・広告・時事問題など、「アイドルからラグジュアリーブランドまで」をテーマに、さまざまな媒体で執筆・編集活動を行っている。本書は初の単著となる。

評点(5点満点)

総合 (3.8)
革新性 (4.0)
明瞭性 (3.5)
応用性 (4.0)

本書の要点

  • スマートフォンとソーシャルメディアが普及した現代においては、モノを売ろうとして売るのは困難である。
  • ソーシャルメディアのコミュニティ内にいる...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
産業・業界, 戦略, マーケティング
著者
ページ数
312ページ
出版社
定価
1,836円
出版日
2016年01月30日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
集英社 http://business.shueisha.co.jp/contents/1601_sell/
売らずに売る技術 3.8 池田 明季哉 2016-12-06
売らずに売る技術 1836

週間ランキング

3
著者:アネット・シモンズ著  池村 千秋 訳
4
著者:佐藤 ねじ
5
著者:アリストテレス 著 戸塚 七郎 訳
6
著者:Dr. Alan Watkins
7
著者:ムーギー・キム
8
著者:エドワード・ヒュームズ 著 染田屋 茂 訳
9
著者:池田 純