在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由

ジャンル
著者
ページ数
272ページ
出版社
CCCメディアハウス 出版社ページ
定価
1,944円
出版日
2015年03月29日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

現在日本には、約70万人もの中国人が滞在し、中国からの訪日観光客も増えている。繁華街や電車の中では前よりも頻繁に中国語も聞こえるようになり、身近な存在となってきているのはまちがいない。
しかしながら、実際に中国人と交流を持っている日本人はどのくらいいるだろうか。両者の交流はさほどないのが現状だ。日中関係も2012年の尖閣諸島の領有権をめぐって、「正常化以来、最悪」と言われている。
日中関係が悪い理由のひとつは、お互いのことをよく知らないからである。長く日本に滞在し現在はフリーライターとして活躍している著者は、在日中国人のプラスイメージにつながることを願い、本書を出版したという。また、日本に対して固定観念を抱きつづけている中国人にとっても、本書は新しい見方を提供してくれるだろう。
日本人は「勤勉である」、「信頼できる」、「礼儀を心得ている」など世界でも賞賛されることが多いが、実はこういった作法は中国の『論語』などがもとになっているところも大きい。
長い歴史を通して、日本と中国は交流をつづけてきた。本書を読むことで、日本のもつ魅力をあらためて発見するとともに、私たちがあまり知らない日本文化のルーツの一端が見えてくることだろう。 (山下 あすみ)

著者情報

趙 海成(チャオ・ハイチェン)
1955年、中国・北京出身。82年に北京対外貿易学院(現在の対外経済貿易大学)日本語学科を卒業。85年に来日し、日本大学芸術学部でテレビを専攻。88年には初の在日中国人向け中国新聞『留学生新聞』の創刊に携わり、初代編集長を10年間務める。95年、10カ国の在日外国人向け外国語媒体を束ねる「外国人情報誌連合会」代表に就任。99年、中国情報を発信する日本の衛星放送事業者、大富(CCTV大富)の宣伝部長に。また同じく99年には、外国人にかかわる諸問題について都知事に意見を述べる「外国人都民会議委員」に東京都より選出される。2000年、日中合作ドキュメンタリー『シルクロード』の制作に参加。2002年に中国に帰国し、以後は日中を行き来しながらフリーのライター/カメラマンとして活躍している。
xiongxiong412@hotmail.com

評点(5点満点)

総合 (3.3)
革新性 (4.0)
明瞭性 (3.0)
応用性 (3.0)

本書の要点

  • 日本に長く滞在できる在日中国人は不屈の精神、旺盛なチャレンジ精神、向上心、そしてマイペースな楽観主義を備えている。
  • 日本の文化や生活には、中国にはないすぐれ...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
著者
ページ数
272ページ
出版社
CCCメディアハウス 出版社ページ
定価
1,944円
出版日
2015年03月29日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
CCCメディアハウス http://books.cccmh.co.jp/list/detail/1640/
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 3.3 山下 あすみ 2016-12-16
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由 1944

週間ランキング

2
著者:中野 ジェームズ 修一
3
著者:吉田 昌生
4
著者:ジェームズ・アレン著、坂本 貢一 訳
5
著者:アレック ロス 著 依田 光江 翻訳
6
著者:松村 真宏 著
7
著者:大下 英治
9
著者:ユヴァル・ノア・ハラリ 著 柴田 裕之 訳
10
著者:庄司 克宏

おすすめのインタビュー