〈パワーポーズ〉が最高の自分を創る

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発, 人文科学
著者
ページ数
384ページ
出版社
早川書房 出版社ページ
定価
1,836円
出版日
2016年07月25日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

自分自身を試されるような大事な場面に遭遇したとき、誰しも大きなプレッシャーを感じるはずだ。とたんに不安な気持ちが押し寄せて、それまでは普通に振る舞えていたことも当たり前にできなくなってしまう。このような状態に抗う方法はあるのだろうか。
本書の著者である社会心理学者のエイミー・カディは、2012年に世界的なプレゼンテーションのイベント「TEDグローバル」でプレゼンテーションを行った。その内容とは、著者自身が「インポスター症候群(詐欺師症候群)」に苦しみながらも、それを克服した話だ。著者のプレゼンテーションは世界中に動画配信され、大きな反響を呼んだ。しかも、その反響のどれもが著者の体験に共感を示すものである。本書は、著者が長年注目し続けてきた「プレゼンス」の研究をまとめた一冊だ。
著者がプレゼンスの研究をはじめたきっかけは、事故によって脳に大きなダメージを負う怪我を経験したことである。本書では、その怪我を克服した彼女の体験から、身体と心の関係を解き明かしている。さらに、他者と自分にプラスの効果を与えてくれる、パワーを感じたときに行うしぐさ(=パワーポーズ)について、科学的な研究結果を交えて説明している。ストレスを乗り切るために、本書を読んでパワーポーズを日常に取り入れてみてはいかがだろうか。 (流石 香織)

著者情報

エイミー・カディ
ハーバード・ビジネス・スクール(HBS)経営学准教授(交渉術・組織・市場ユニット)。専門は社会心理学。非言語行動が人間に与える影響について研究。《タイム》誌で「ゲーム・チェンジャー」に、《ビジネス・インサイダー》誌で「世界を変える50人の女性」に、世界経済フォーラムで「ヤング・グローバル・リーダー」に選ばれている。
19歳のとき、頭部を強打する交通事故により深刻な外傷性脳損傷を負い大学を長期休学。このケガとリハビリがきっかけで心理学に興味を抱く。1998年、コロラド大学卒業(心理学専攻)、2005年、プリンストン大学にて社会心理学の博士号取得。ラトガース大学、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院を経て、2008年からHBSで教鞭を執る。
本書執筆のきっかけとなった2012年のTEDトーク(Your Body Language Shapes Who You Are は世界中で大反響を呼び、約3,500万回の再生数を記録している(TED史上2位)。夫、息子とボストン在住。

評点(5点満点)

総合 (3.5)
革新性 (3.5)
明瞭性 (3.5)
応用性 (3.5)

本書の要点

  • 真の自分自身に従った表現(=プレゼンス)は、人をひきつけ、自らをプレッシャーなどのマイナス感情から開放する。
  • 「この場にふさわしくない」と感じる「イン...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発, 人文科学
著者
ページ数
384ページ
出版社
早川書房 出版社ページ
定価
1,836円
出版日
2016年07月25日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
早川書房 http://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000013289/
〈パワーポーズ〉が最高の自分を創る 3.5 流石 香織 2016-12-26
〈パワーポーズ〉が最高の自分を創る 1836

週間ランキング

1
著者:佐藤 ねじ
4
著者:スティーヴ・ロー 著 久保 尚子 翻訳
5
著者:磯山友幸
7
著者:マリオ・ リヴィオ 著 千葉 敏生 翻訳
8
著者:アネット・シモンズ著  池村 千秋 訳
9
著者:ムーギー・キム
10
著者:Dr. Alan Watkins