プロフェッショナルは「ストーリー」で伝える

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発, リーダーシップ・マネジメント
著者
ページ数
344ページ
出版社
海と月社 出版社ページ
定価
2,592円
出版日
2012年12月03日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

ビジネスシーンでのストーリーテリングの有効性が説かれるようになって久しいが、スキルとして身につけている人はまだ少ないのではないか。本書は、ストーリーテリングを「人を動かすための魔法の剣」だとし、その手法を丁寧に解説した指南書である。
「ストーリー」と聞くと、その中身やインパクトが重要なように思えるが、実際はそうではない。むしろ大切なのは、自分にとってそのストーリーが「本物」であることと、そのストーリーをどのように語るかである。ストーリーを語るうえで最も恐れるべきは、聞き手に拒否反応を示されてしまうことだが、本書を読めば、その危険は極力回避できるだろう。
ストーリーを語れば、結論に至るまでの矛盾や葛藤も伝えることが可能で、事実の羅列にはない奥行きが生まれる。そのため合理的でない人間は、完全なデータよりも不完全なストーリーのほうに説得されることがままあると著者は述べる。これまでデータ集めや論拠ある説明に心を砕いてきたロジカルな人にこそ、ぜひおススメしたい1冊である。
ストーリーテリングの有効性を伝えるにも、ストーリーを語るほうが早いかもしれない。事実のみを突きつけて意見を変えるように迫るのが「北風」なら、温かなストーリーを語り、自発的に意見を変えさせるのはまさに「太陽」のやり方だ。「北風と太陽」の結末を知っている人なら、ストーリーテリングの価値をきっと理解できるに違いない。 (北山 葵)

著者情報

アネット・シモンズ
マイクロソフト、IBM、NASAなどを顧客に持つコンサルティング会社、グループ・プロセス・コンサルティングの創業者。さまざまな組織に、いかにコラボレーションを活性化させるかを指導する一方、ビジネスシーンにおけるストーリーテリングの第一人者として、講演でも活躍。著書に『感動を売りなさい』(幸福の科学出版)、『テリトリー・ゲーム』(トッパン)などがある。

評点(5点満点)

総合 (4.3)
革新性 (4.0)
明瞭性 (5.0)
応用性 (4.0)

本書の要点

  • 人を動かすには、客観的事実やデータを「説明」するよりも、情緒的・感覚的描写を加えた「ストーリー」を語ったほうが、より複雑で立体的な真理を伝えることができる。
  • 自分が実際に体験したことや、心から信じて...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発, リーダーシップ・マネジメント
著者
ページ数
344ページ
出版社
海と月社 出版社ページ
定価
2,592円
出版日
2012年12月03日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
海と月社 http://www.umitotsuki.co.jp/book/b106189.html
プロフェッショナルは「ストーリー」で伝える 4.3 北山 葵 2016-12-26
プロフェッショナルは「ストーリー」で伝える 2592

週間ランキング

1
著者:佐藤 ねじ
4
著者:スティーヴ・ロー 著 久保 尚子 翻訳
5
著者:磯山友幸
7
著者:マリオ・ リヴィオ 著 千葉 敏生 翻訳
8
著者:アネット・シモンズ著  池村 千秋 訳
9
著者:ムーギー・キム
10
著者:Dr. Alan Watkins