データサイエンティストが創る未来

これからの医療・農業・産業・経営・マーケティング

ジャンル
戦略, マーケティング, サイエンス・テクノロジー, IT
著者
ページ数
304ページ
出版社
定価
2,160円
出版日
2016年05月24日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

本書はビッグデータの時代を作るデータサイエンティスト達と彼等の仕事を紹介する一冊である。IBMを始めとした企業とその取組みの紹介から、医療、農業、心理学などの多様な分野でデータサイエンスがどのように社会を変えようとしているのかが取り上げられている。そもそもビックデータとは何か、データサイエンティストはそれをどのようなかたちで、活用しているのか。豊富な事例で丁寧に解説している。
著者のスティーヴ・ローはニューヨークタイムズ紙でテクノロジー関連の取材を10年以上続けてきた人物で「ビックデータ」という言葉が専門家の間で使われるようになる前から注目し追い続けている。「データ」という抽象的なテーマだが、登場人物や事柄が活き活きと描かれており、読みやすく、理解しやすい内容となっている。
「ビックデータ」はとりわけビックであることが強調されるが、本書によると実際に役に立つデータの量は一般に考えられているほど大きくないという。重要なことは「実際に使える、意味のあるデータ」をデータの海の中からくみ取り、賢い意思決定に活かすことである。
今後ビックデータは人類の意思決定を左右するプラットホームになり、その影響はあらゆる分野に及ぶだろう。現在この「ビックデータ革命」は個人消費者向けのインターネット上では目覚ましい成果が出始めているが、この技術を活用していくのは、まだまだこれからである。この革命の最前線の様子を本書から掴み取っていただきたい。 (池田 明季哉)

著者情報

スティーヴ・ロー
『ニューヨークタイムズ』紙の記者。20年以上にわたって、ビジネス、経済、テクノロジーに関する記事を執筆している。海外特派員や編集者として活躍。『ニューヨークタイムズ・マガジン』誌や『アトランティック』誌などの雑誌にも寄稿している。2013年には、ピューリッツァー賞の報道部門(解説報道)を受賞した『ニューヨークタイムズ』のメンバーに名を連ねた。『Go To: The Story of the Math Majors』などの著書がある。

評点(5点満点)

総合 (4.0)
革新性 (4.0)
明瞭性 (4.0)
応用性 (4.0)

本書の要点

  • 近年ビックデータを扱えるようになった理由は、コンピューターの計算能力、識別能力、コミュニケーション能力などの技術的な改善である。しかしソフトウェアとハードウェアが進歩し続けるためには、人間の頭脳とエネルギーと資金力が欠かせない。
  • ビックデータを活用する定石は「感知する」...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
戦略, マーケティング, サイエンス・テクノロジー, IT
著者
ページ数
304ページ
出版社
定価
2,160円
出版日
2016年05月24日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
講談社 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062179300
データサイエンティストが創る未来 4.0 池田 明季哉 2017-01-13
データサイエンティストが創る未来 2160

週間ランキング

2
著者:木下 斉
3
著者:読書猿
4
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
5
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
7
著者:細谷 功
8
著者:内田 和成著、ボストン コンサルティング グループ企画/解説
9
著者:岩嵜 博論
10
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳