毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発
著者
ページ数
224ページ
出版社
サンマーク出版
定価
1,404円
出版日
2016年06月15日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

いつも早く帰るのに、常に結果を出している。忙しいはずなのにそれを表情に出さず、しかもプライベートも充実している。そのため周囲からの人望も厚い。そんな「不思議な人」があなたの職場にもいるのではないだろうか。彼らは、なぜ定時で帰っているのに結果を出せるのか? そんな素朴な疑問に答えてくれるのが本書である。
著者は「不思議なあの人」には次の3つの要素が備わっていると述べる。それは、時間の本当の価値を知っているという点、時間のつかい方がずば抜けてうまいという点、そして仕事の質が高く、まわりからの評価も上がっているという点だ。時間の本当の価値を知っていれば、時間のつかい方に磨きをかけることができる。すると、1時間あたりの仕事の密度が濃くなるため、帰る時間が早くなり、仕事の精度も高くなる。結果的に評価が上がり、給料も上がる……という好循環を実現できるというわけだ。
著者が提唱する時間のつかい方を身につけることができれば、日々の仕事に圧迫されることなく、短い時間で成果を出し続けられるという。
本書を通じて、「日々の業務に追われることなく、仕事の精度を高めていくための時間のつかい方と考え方」を学び、「お金が増える時間術」を身につけていただきたい。生活習慣を変えて、「時間もお金も潤沢にある状態」をめざすビジネスパーソンにお薦めの一冊だ。 (印南 敦史)

著者情報

井ノ上 陽一(いのうえ よういち)
株式会社タイムコンサルティング代表取締役。税理士。
1972年大阪府出身宮崎県育ち。「残業」「休日出勤」が当たり前の総務省統計局、税理士事務所、ベンチャー企業を経験しながらも、目の前の給料ではなく時間を重視し、定時に帰るための時間術を身につける。その後、休みなく働くのが当たり前のフリーランスとなっても、「セイゲン・ズラシ・カソク」などさらなる時間術を駆使することで仕事とプライベートのバランスをとり、仕事の時間をどんどん短くしつつ、年収を会社員時代の2倍以上に増やすことに成功した。
ブログを3200日以上毎日更新しており、1か月60万PV以上を数えている。トライアスロンが趣味。
著書に『そのまま使える 経理&会計のためのExcel入門』(日本実業出版社)、『社長! 「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ!』『ひとり社長の経理の基本』『フリーランスのための一生仕事に困らない本』(いずれもダイヤモンド社)などがある。

評点(5点満点)

総合 (3.7)
革新性 (3.5)
明瞭性 (3.5)
応用性 (4.0)

本書の要点

  • 仕事の精度を高めるためには、自分の時間を制限することが大切だ。時間の「マイルール」をつくり、「してはいけないこと」「すべきこと」を明確にするとよい。
  • 「時間をずらす」ことで、他の人と違った時...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発
著者
ページ数
224ページ
出版社
サンマーク出版
定価
1,404円
出版日
2016年06月15日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
サンマーク出版
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた! 3.7 印南 敦史 2017-02-03
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた! 1404

週間ランキング

2
著者:中野 ジェームズ 修一
3
著者:吉田 昌生
4
著者:ジェームズ・アレン著、坂本 貢一 訳
5
著者:アレック ロス 著 依田 光江 翻訳
6
著者:松村 真宏 著
7
著者:大下 英治
9
著者:ユヴァル・ノア・ハラリ 著 柴田 裕之 訳
10
著者:庄司 克宏