お金持ちはどうやって資産を残しているのか

ジャンル
ファイナンス
著者
ページ数
208ページ
出版社
あさ出版 出版社ページ
定価
1,620円
出版日
2016年10月03日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

多額の税金を払わず資産を残し、事業を残すためにはどうすればいいのか。そのヒントが詰まったのが本書だ。
著者は「ランドマーク税理士法人」の代表税理士として、1万人以上の資産家から相談を受け、2000人以上の相続税の税務申告を行なってきた、いわば「税務のプロフェッショナル」である。本書では、著者が実際に行なった相続、贈与、事業継承、節税などの事例を通して、税金を安くする方法、財産を減らさずに次の世代に受け継がせる方法、自分が育てた事業を継続させていく方法が、わかりやすく解説されている。
今、「お金持ち」の間では、資産を残すことへの関心がますます高まっている。しかも、2015年の増税によって、「税金を払うのは、本当のお金持ちだけ」ではない時代が訪れようとしている。実際、首都圏では相続税の課税対象者が「ほぼ倍増する」と言われている。早くから対策を講じておかなければ、多額の税金を取られてしまうことにもなりかねない。
将来を見据えたときに、ぜひ押さえておきたい知識は何か。現在、財務上の課題に直面している人はもちろんのこと、これからハイキャリアをめざす人にとっても、今のうちに読んでおいて「損をしない」一冊だ。 (石渡 翔)

著者情報

清田 幸弘 (せいた ゆきひろ)
ランドマーク税理士法人 代表税理士
神奈川県横浜市の農家に生まれる。明治大学卒業後、地元農協に9年間勤務。金融・経営相談業務を行ったのち、税理士に転身。1997年に清田幸弘税理士事務所を設立、その後、ランドマーク税理士法人に組織変更。自身の生まれと農協勤務経験を活かした相続コンサルティングには定評があり、過去に手がけた相続税申告件数2,000件超は全国でもトップクラス。また、資産家、金融機関、不動産会社、税理士向けにセミナー講師を年間230件以上手がけている。著書は『そろそろ相続のこと、本気で考えないとマズイですよ!』(あさ出版)など多数。
ランドマーク税理士法人グループは、東京・丸の内の無料相談窓口「丸の内相談プラザ」、横浜ランドマークタワーをはじめ、首都圏に10の本支店を展開。申告件数はもちろん支店数、国税OBを含む社員数(資格者多数)、発行書籍数、実施セミナー数の多さは、他の例を見ない。また、相続・事業継承案件に強く、税務調査が少ない(全国平均22%に対して1%)ことでも注目を集めている。

評点(5点満点)

総合 (3.2)
革新性 (3.0)
明瞭性 (3.5)
応用性 (3.0)

本書の要点

  • 本書では「お金持ち」を、年間所得が1000万円以上か、純資産が1億円以上、もしくは相続税の対象となる人と定義している。
  • 税金のなかでもとくに関心を集めているのは...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
ファイナンス
著者
ページ数
208ページ
出版社
あさ出版 出版社ページ
定価
1,620円
出版日
2016年10月03日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
あさ出版 http://www.asa21.com/book/b252600.html
お金持ちはどうやって資産を残しているのか 3.2 石渡 翔 2017-02-16
お金持ちはどうやって資産を残しているのか 1620

週間ランキング

1
著者:細谷 功
2
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
3
著者:岩嵜 博論
4
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
5
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
7
著者:松崎 一葉
8
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー