国をつくるという仕事

ジャンル
政治・経済, グローバル, リーダーシップ・マネジメント, 人文科学
著者
ページ数
320ページ
出版社
英治出版
出版日
2009年04月20日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

カイロ郊外にある「死人の町」にて、著者が偶然出会ったのは、今まさに消えようとする、ナディアという少女の命だった。救えたはずの少女が、著者の腕の中で息絶えようとする。底知れぬ怒りを感じた著者は、学者としての道に背を向け、世界銀行に残ると決めた。貧困のない世界をつくるために――。それから23年間、著者は世界銀行副総裁という立場で、あらゆる立場のリーダーたちとともに、貧困や悪政と闘い続けてきた。農民や村長、売春婦、社会起業家、銀行家、政治家、中央銀行総裁、国王たち。
本書は、彼らとともに著者が歩んだ軌跡が、溢れんばかりの使命感とともに刻まれた回想録である。インド・パキスタン関係正常化に奔走した将軍。エイズの予防法を説き続ける売春婦たち。民の幸福を何よりも大事にし、改革を続けてきたブータンの国王。現場をかけ巡る著者の記録からは、出会った人々の肉声や表情、そこで織りなす空気までもがありありと伝わってくる。
著者は、時に憎まれ役を買って出ながらも、草の根を自分の足で歩き、社会の片隅に生きる人たちの心を開いては、彼らの希望や苦しみに深い共感を寄せてきた。だからこそ、読者の奥底に眠るリーダーシップに火を灯すのだろう。
「国づくりは人づくり」。そして、人づくりの要は誰もが持つリーダーシップを開花させることだという。世界銀行の国づくりにまい進する人たちはなぜ、かくも強く、全力で困難に立ち向かえるのだろうか。リーダーシップの要諦とは何なのか。その答えが本書にある。 (松尾 美里)

著者情報

西水 美恵子(にしみず みえこ)
大阪府豊中市に生まれ、北海道美唄市で育つ。中学校3年から上京。東京都立西高校在学中、姉妹都市高校生親善大使としてニューヨーク訪問。その後間もなくロータリークラブ交換留学生として最渡米。(後年、西高は中退。)そのまま帰国せず、ガルチャー大学へ入学。経済学を学ぶ。
1970年卒業後、トーマス・J・ワトソン財団フェローとして帰国。千代田化工建設の特許課に借席し、環境汚染問題の研究。1971年、再度渡米する。
1975年、ジョンズ・ホプキンス大学大学院、博士課程(経済学)を卒業。同年、プリンストン大学経済学部、兼ウッドロー・ウイルソン・スクールの助教授に就任。
1980年 世界銀行入行、開発政策局・経済開発研究所
1983年 同、産業・エネルギー局 産業戦略・政策課(エジプト・タイ・ハンガリー・中国などを担当)
1987年 同、欧州・中東・北アフリカ地域 アフガニスタン・パキスタン・トルコ局
リード・エコノミスト
1988年 同、欧州・中東・北アフリカ地域 アフガニスタン・パキスタン・トルコ局
通商・産業・金融課 課長
1992年 同、国際復興開発銀行 リスク管理・金融政策局 局長
1995年 同、南アジア地域 アフガニスタン・バングラデシュ・パキスタン・スリランカ局 局長
1997年 同、南アジア地域 副総裁
2003年 世界銀行退職
現在、米国首都ワシントンと英国領バージン諸島に在留。世界を舞台に、就筆や、講演、様々なアドバイザー活動を続ける。
2007年より、シンクタンク・ソフィアバンクのパートナー。

評点(5点満点)

総合 (4.0)
革新性 (4.0)
明瞭性 (4.0)
応用性 (4.0)

本書の要点

  • 著者は貧困のない世界をつくるため、世界銀行副総裁という立場で、あらゆる立場のリーダーたちを支え、貧困や権力者の腐敗、悪統治と闘い続けてきた。同志たちのリーダーシップから著者が学んだことが本書に記されている。
  • 著者は現地の学校へ飛び入り訪問することで...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
政治・経済, グローバル, リーダーシップ・マネジメント, 人文科学
著者
ページ数
320ページ
出版社
英治出版
出版日
2009年04月20日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
英治出版
国をつくるという仕事 4.0 松尾 美里 2017-02-16
国をつくるという仕事 0

週間ランキング

1
著者:細谷 功
2
著者:岩嵜 博論
3
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
4
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
5
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー
6
著者:松崎 一葉
9
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
10
著者:神吉直人