Google流 資料作成術

ジャンル
オペレーション, IT
著者
ページ数
272ページ
出版社
日本実業出版社 出版社ページ
定価
2,160円
出版日
2017年02月20日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

「パワー(権力)は堕落する。パワーポイントも同じである」――本書は、イェール大学名誉教授のエドワード・タフテによるこの一言からはじまる。
テクノロジーの発達により、コンピュータ上で表やグラフをつくるのがますます簡単になっているにもかかわらず、依然として世の中には視認性が悪かったり、比較対象がまったく不明瞭だったりといった、ひどい表やグラフで溢れかえっている。もちろん、誰もクオリティの悪いものをつくろうなどとは思っていない。しかし現状として、あらゆる業界で、あらゆるタイプの人が、ひどい表やグラフをつくってしまっているのだと著者はいう。
著者は「ひどいパワーポイントを世界からなくすこと」をミッションに、企業や非営利団体でビジュアルコミュニケーションの研修やワークショップを行なう、いわば「パワポづくり」のプロだ。実際、本書の解説はきわめてわかりやすい。何をしてはダメで、何をするべきなのかが、数々のグラフや事例とともに詳しく解説されている。そのため、一読するだけでもグラフ作成のコツがある程度わかるようになるはずだ。
多くのデータを集められるようになった現在だからこそ、データを読み解く力が必要だ。ゆえに、データを可視化し、ストーリーを語れる能力をもつ人は、これから先も貴重な人材となりうる。本書を読んで実践に励んでいけば、まちがいなくあなたもその貴重な人材になることができるだろう。 (石渡 翔)

著者情報

コール・ヌッスバウマー・ナフリック (Cole Nussbaumer Knaflic)
銀行やプライベート・エクイティでの分析事業で活躍後、Googleに入社。Googleに約5年間在籍し、「ビジュアライゼーション」の講座を担当、世界各国のGoogleで教えてきた。ただのデータを「情報」に変え、本質を見抜き、アクションへとつなげる手法を説く。ワシントン大学で応用数学の学士とMBAを取得。2013年、Googleを退社。ブログstorytellingwithdata.comを立ち上げ、人気を博す。「ひどいパワーポイントを世界からなくす」をミッションに、企業や非営利団体でビジュアルコミュニケーションの研修やワークショップを行なう。

評点(5点満点)

総合 (4.3)
革新性 (3.0)
明瞭性 (5.0)
応用性 (5.0)

本書の要点

  • 最初はコンテキストを理解するのに時間を費やすべきだ。いきなりデータにふれてはならない。
  • 表やグラフはすぐれた伝達手段だが、使うべ...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
オペレーション, IT
著者
ページ数
272ページ
出版社
日本実業出版社 出版社ページ
定価
2,160円
出版日
2017年02月20日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
日本実業出版社 http://www.njg.co.jp/book/9784534054722/
Google流 資料作成術 4.3 石渡 翔 2017-03-01
Google流 資料作成術 2160

週間ランキング

1
著者:細谷 功
2
著者:岩嵜 博論
3
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
4
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
5
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー
6
著者:松崎 一葉
9
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
10
著者:神吉直人