つくし世代

「新しい若者」の価値観を読む

ジャンル
コンセプト・トレンド, マーケティング
著者
ページ数
234ページ
出版社
定価
842円
出版日
2015年03月15日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

広告やマーケティングで、「若者」の心を捉えるにはどんな提案をしたらいいのかと考えている方は、ぜひ読んでみてほしい。
かつてと違って、若者の流行や文化がマスコミ発信で作られるものではなくなった今、若者向けの広告やマーケティングはとても難しい分野になってしまった。広告代理店で長くマーケティングを担当していた著者は、マーケッターとして若者研究を進めるうちに「上から」の調査に限界を感じ、若者たちといっしょに彼らの世界について調査分析をすることにしたという。本書は、その組織、ADK若者スタジオ――通称ワカスタでの研究成果に基づくものである。
「センベロ酒場」(千円でべろべろになるまで酔える居酒屋)、「ウィル彼」(まだ彼氏でないけれど、その気になればつきあえそうなくらい仲良しの男子)といった新語を、みなさまはご存じだろうか。著者は、とりわけ30代以下の現代の若者に特徴的な事象を解説しつつ、彼らに共通する価値観を探り、効果的なマーケティングアプローチを提案する。そして、「ゆとり」「さとり」というくくり方の先にある、今まさに若者たちのあいだに芽生えつつある傾向を浮かび上がらせる。
本書で得られる知識は、直接的にビジネスそのものに活かせるだけでなく、職場で若い世代と接するときにもおおいに参考になるだろう。彼らを理解することで、彼らと向き合うときどんなスタンスをとればいいのか、きっと見えてくるはずだ。 (熊倉 沙希子)

著者情報

藤本耕平
1980年神奈川県生まれ。一橋大学商学部卒業。2002年、株式会社アサツー・ディ・ケイ(ADK)に入社。入社時からマーケティング業務に従事。トイレタリー、化粧品、スポーツ、金融、飲料業界などジャンルを問わず様々な企業のコミュニケーション戦略、商品開発などに携わってきた。2010年から若者研究を開始。ADK若者プロジェクトリーダー。2012年、情報感度の高い学生メンバーで構成する若者マーケッター集団「ワカスタ(若者スタジオ)」を創設。学生と共同で若者向けの商品開発やキャンペーン開発などを行う。外部セミナーの講演や新聞・雑誌記事連載、大学客員講師などの活動も行っている。【受賞歴】カンヌ国際広告際2010、スパイクスアジア広告祭2011ほか。

本書の要点

  • 今時の若者たちのマインドには、積極的につながりを求める「つながり願望」、お金を使わないことに意義を見出す「ケチ美学」、不確かな将来より今の充実を重視する「せつな願望」などがある。
  • そうしたマインドを持った若者たちは、面白...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
コンセプト・トレンド, マーケティング
著者
ページ数
234ページ
出版社
定価
842円
出版日
2015年03月15日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
光文社 http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334038489
つくし世代 熊倉 沙希子 2015-08-06
つくし世代 842

週間ランキング

2
著者:木下 斉
3
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
4
著者:読書猿
5
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
6
著者:細谷 功
8
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
9
著者:岩嵜 博論
10
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー

おすすめのlibrary f