なぜ、あの会社は女性管理職が順調に増えているのか

ジャンル
リーダーシップ・マネジメント, 人事
著者
ページ数
272ページ
出版社
日経BP社 出版社ページ
定価
1,998円
出版日
2015年04月09日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

「管理職候補の女性が昇進したがらない」。「女性を育成できる男性上司の条件が知りたい」。「時短勤務の女性社員が増えて困っている」。どれか一つでも自社に当てはまる方は、ぜひ本書を手に取っていただきたい。
2015年の国会で成立が見込まれる「女性活躍推進法」。成立すると、従業員数301人以上の企業に女性活躍のための数値目標や行動計画作成が義務付けられると言われている。2020年までに指導的地位に占める女性の割合を30%にするという政府の目標が、遅かれ早かれ掲げられることになるだろう。そんな「女性活躍、待ったなし」の状況に、どう対応していけばいいのか。
本書は「日経WOMAN女性が活躍する会社ベスト100」にランクインした企業20社の女性管理職・経営人材育成に関する戦略と、具体的な施策をまとめた一冊である。資生堂、ANA、セブン&アイ・ホールディングス、アクセンチュア、日産自動車、カルビーなど、女性活躍の先進企業がズラリと並ぶ。
女性が離職せずに働いてもらうためには何が必要か。女性管理職を増やすために効果的な施策とは何か。こうした様々な課題を解決するヒントを本書から得て、活用してほしい。また、「ダイバーシティマネジメント」が重要視されるようになった背景を俯瞰したい方にとっても、本書は、うってつけの一冊となっている。経営者や人事担当者、管理監督職の方には、ダイバーシティマネジメントと女性の活躍推進に向けた必携の実践例集として本書をおすすめしたい。 (松尾 美里)

著者情報

麓 幸子(ふもと・さちこ)
1984年筑波大学卒業。同年日経BP社入社。88年日経ウーマンの創刊メンバーとなる。06年日経ウーマン編集長。09年日経ウーマンオンライン編集長兼務。12年ビズライフ局長。日経ウーマン、日経ヘルスなど3媒体の発行人となる。14年から現職。2014年法政大学大学院経営学研究科修士課程修了(キャリアデザイン学修士)。内閣府委員(仕事と生活の調和推進のための啓発のあり方に関する調査研究企画委員会)、林野庁委員(木材利用ポイント事業有識者委員会)、経団連・21世紀政策研究所研究委員などを歴任。経済産業省「ダイバーシティ経営企業100選」サポーター。筑波大学非常勤講師(ジャーナリズム論・キャリアデザイン論)。所属学会:日本労務学会、日本キャリアデザイン学会、日本産業カウンセリング学会。一男一女の母。著者等に『なぜ、女性が活躍する組織は強いのか?』(日経BP社)、『企業力を高める―女性の活躍推進と働き方改革』(共著、経団連出版)、『就活生の親が今、知っておくべきこと』(日本経済新聞出版社)などがある。

評点(5点満点)

総合 (3.8)
革新性 (3.5)
明瞭性 (4.0)
応用性 (4.0)

本書の要点

  • 日本企業では「日本人、男性、フルタイム勤務、残業可能、転勤可能」である人材を「適材」として、人材活用の仕組みがつくられている。女性や時間・勤務地の制約がある人材、多様なライフスタイルを選択している人材が活躍できる組織への改革が不可欠である。
  • 女性の活躍を推進する際、自社の女性活躍の...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
リーダーシップ・マネジメント, 人事
著者
ページ数
272ページ
出版社
日経BP社 出版社ページ
定価
1,998円
出版日
2015年04月09日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
日経BP社 http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/239750.html
なぜ、あの会社は女性管理職が順調に増えているのか 3.8 松尾 美里 2015-08-07
なぜ、あの会社は女性管理職が順調に増えているのか 1998

週間ランキング

1
著者:細谷 功
2
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
3
著者:岩嵜 博論
4
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
5
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
7
著者:松崎 一葉
8
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー