森の生活

ウォールデン

ビジネスリーダーが薦める岩波文庫
株式会社カタログハウス 代表取締役会長
斎藤駿氏ご推薦
ジャンル
人文科学
著者
ページ数
330ページ
出版社
岩波書店
定価
842円
出版日
1995年09月18日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

本書は19世紀に活躍した作家、H.D.ソローの代表作である。ソローは「思慮深く生き、人生の本質的な事実にのみ直面し、人生が教えてくれるものを自分が学び取れるかどうか確かめ」るため、27歳の時に森の生活を始めた。生活は2年2か月続き、その時の思索をまとめたのがこの本である。
幅広い教養に裏打ちされた文章は150年以上にわたり、全世界の人々に読み継がれてきた。現在でも学生やビジネスパーソンはもちろん、自然保護運動の先駆けともみなされる本書は、多くの自然愛好家たちにも大きな影響を与えている。
本書の中でソローは、人々が置かれている状況を分析し、その虚飾をあばいていく。提起される問いは今を生きる私たちにも鋭く突きつけられる。部屋がいくつもある家は必要なのか、華美な服装は何のためなのか、それらを求めるからこそ厳しい労働が自分に課されるのではないか。あなたの欲しているそれは本当に必要なのか、それを得るために己が払っている犠牲を理解しているのか、と。
ソローが森での生活の実践を通して到達した思想は深く重みがある。こうした問いに応えることは容易ではないであろう。ただ、この問いに対し、「確かに一理ある。しかし、」と述べることができるようになった時、読者の信念は確実に広さと深さを増している。こうした効果がもたらされるのは、良質な古典ならでは、である。ぜひ体験していただきたい。 (金松 豊)

著者情報

H.D.ソロー(1817-1862)
アメリカ合衆国マサチューセッツ州コンコードに生まれる。16歳でハーバード大学に入学し、卒業した後は故郷のコンコードへ戻る。小学校教師の職に就くが、生徒に体罰を与えることを拒否し、辞職。以後著作活動をつづけながら職を転々とする。1845年7月にウォールデン湖に移り住み、独居生活を開始した。その記録をまとめたのが『森の生活』である。また、著作としては『市民の反抗』も有名であり、平和的手段による権力への抵抗を主張したこの書はガンジーやキング牧師にも大きな影響を与えたと言われる。

評点(5点満点)

総合 (4.7)
革新性 (4.5)
明瞭性 (4.5)
応用性 (5.0)

本書の要点

  • ソローは人生そのものに向き合うため、「自然」そのもののようにすごし、実在を見つめようとした。森に自分で小屋を建て、作物を育て、手を動かす労働のみで暮らした。
  • ソローは、最低限必要なものだけで暮らす生...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ビジネスリーダーが薦める岩波文庫
株式会社カタログハウス 代表取締役会長
斎藤駿氏ご推薦
ジャンル
人文科学
著者
ページ数
330ページ
出版社
岩波書店
定価
842円
出版日
1995年09月18日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
岩波書店
森の生活 4.7 金松 豊 2015-08-21
森の生活 842

週間ランキング

1
著者:細谷 功
2
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
3
著者:岩嵜 博論
4
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
5
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
7
著者:松崎 一葉
8
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー

おすすめのlibrary f