納得させる話力

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発
著者
ページ数
224ページ
出版社
定価
1,000円
出版日
2015年03月21日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

本書の著者である土田晃之氏は、今でこそテレビをつければバラエティ番組等で数多く目にする機会があるタレントであるが、初めから現在のような芸風を身につけていたわけではない。コンビを組んでいた下積み時代、ピン芸人となってからの活躍を経て、自分が中心となるのではなく、ひな壇芸人として番組全体のバランスを取りながら味付けしていくという独特のポジションを築いたのである。
著者の世間でのイメージとしては、家電芸人、ガンダム芸人等といった○○芸人として数々取り上げられていることから、幅広いジャンルに精通している人物という印象が強い。が、本人に言わせれば、本当にすべてに詳しいわけではなく、それぞれのジャンルについてとても専門家とは呼べないレベルなのだとのことである。ではなぜ周囲には博識なイメージを植えつけることができているのか。その秘訣は、話し方にあるという。トークのプロとして生き抜く著者が、長年の研究の結果編み出した話術を、本書では様々な事例と共に紹介している。
本書では、交渉スキルやプレゼンスキルに加え、他人との付き合い方や自分のモチベーションコントロール法にも触れられているため、仕事で大勢の前でプレゼンをする機会のあるビジネスマンはもちろん、日常生活で他人とコミュニケーションをとる際に悩みを抱える多くの人にもおすすめの一冊である。 (山下 あすみ)

著者情報

土田 晃之
1972年生まれ、埼玉県出身。元お笑いコンビ「U-turn」解散後、ピン芸人として様々な番組で活躍中。自称「ひな壇芸人」として「ひな壇」という言葉を広めたひとりでもある。ガンダム、家電など趣味も多く、老若男女から幅広い支持を集める。

評点(5点満点)

総合 (4.0)
革新性 (3.5)
明瞭性 (4.5)
応用性 (4.0)

本書の要点

  • あるジャンルのひとつのことについての深い知識を話すことで、そのジャンルすべてを網羅しているように相手に思わせることができる。
  • プレゼン上手になるための近道は、とにかく...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発
著者
ページ数
224ページ
出版社
定価
1,000円
出版日
2015年03月21日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
双葉社 http://www.futabasha.co.jp/booksdb/smp/book/bookview/978-4-575-30851-8/smp.html
納得させる話力 4.0 山下 あすみ 2015-09-14
納得させる話力 1000

週間ランキング

1
著者:細谷 功
2
著者:岩嵜 博論
3
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
4
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
5
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー
6
著者:松崎 一葉
9
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
10
著者:神吉直人