孫正義の焦燥

俺はまだ100分の1も成し遂げていない

ジャンル
起業, 産業・業界, 戦略, リーダーシップ・マネジメント
著者
ページ数
320ページ
出版社
日経BP社 出版社ページ
定価
1,620円
出版日
2015年06月22日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

「俺はまだやるべきことの100分の1も成し遂げていない」。「自分はちっぽけな存在で歯がゆい思いをしている。たるんでいると思う」。このストイックな言葉が現役最強の経営者、孫正義の言葉と聞いて、信じられるだろうか?
裸一貫からソフトバンクを設立し、通信機器の無料配布や大胆な値下げ、iPhoneの導入など、国内の通信環境を圧倒的速さで進化させてきた孫正義(以下、孫)。ソフトバンクは、米国本格進出やアジア企業への投資、ロボットやエネルギー事業への参入など、急激に業容を拡大させている。
一方で、ソフトバンクは大きな課題に直面している。2013年に買収した米携帯電話3位のスプリントの低迷、収益基盤である国内事業の成長鈍化、そして相次ぐ保守的な戦略だ。このままでは、彼の「挑戦者」というイメージが色あせ、中長期的にはソフトバンクの競争力を損ないかねない。「情報革命で人々を幸せに」という理念を体現し、歴史に名を残す経営者を目指す孫は、こうした課題にどのように立ち向かっていくのだろうか。
本書は、孫と関係者の徹底取材によって、経営者「孫正義」の実像に迫った大作である。ロボット「ペッパー」誕生の舞台裏や、スプリント買収の苦戦、そして後継者問題。日本中が注目するテーマが並ぶ。何より、孫の知られざる苦悩までもを引き出してしまう著者の卓越した取材力と、鋭さと愛が共存した筆致に引き込まれ、夢中で読み通してしまうだろう。稀代の経営者の思想書としても必読の一冊であることは間違いない。 (松尾 美里)

著者情報

大西 孝弘(おおにし・たかひろ)
「日経エコロジー」記者。1976年神奈川県生まれ。上智大学法学部卒業後。環境・エネルギー専門誌「日経エコロジー」、ビジネス情報誌「日経ビジネス」を経て、2011年から日本経済新聞社証券部に出向。2014年9月から現職。

評点(5点満点)

総合 (4.7)
革新性 (5.0)
明瞭性 (4.5)
応用性 (4.5)

本書の要点

  • 孫はロボット事業に強い思い入れを抱いており、世界中の知恵と知識を集めて、各々のロボットを巨大な情報端末にするという構想を描いている。
  • 買収したスプリントの低迷が、ソフトバンク...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
起業, 産業・業界, 戦略, リーダーシップ・マネジメント
著者
ページ数
320ページ
出版社
日経BP社 出版社ページ
定価
1,620円
出版日
2015年06月22日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
日経BP社 http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/241230.html
孫正義の焦燥 4.7 松尾 美里 2015-09-24
孫正義の焦燥 1620

週間ランキング

2
著者:木下 斉
3
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
4
著者:読書猿
5
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
6
著者:細谷 功
8
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
9
著者:岩嵜 博論
10
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー