世界一の馬をつくる

ジャンル
戦略, リーダーシップ・マネジメント, 人事
著者
ページ数
230ページ
出版社
飛鳥新社 出版社ページ
定価
1,400円
出版日
2014年12月05日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

女性や若者が楽しむようになったこともあり、昔に比べれば、競馬はずいぶんメジャーになった。とは言っても、競馬にまったく興味のない人にとって、競走馬の生産と育成をテーマにした本書は一見、「別世界の話」と思えるかもしれない。しかしながら、本書は、経営やマネジメントといったビジネス書としての要素も強く、著者が新しい事業にどのような姿勢で取り組み、どんな視点で経営を行い、どうやって人材を育てているかについて、非常に具体的に書かれている。
もともと馬の世界で素人だった著者は、オーナーブリーダーとして自分の憧れや夢を実現させたいという思いを強く持ち、失敗して試行錯誤しながらも、強い馬を育てるための牧場をつくり、実際に重賞レースで勝つような強い馬を輩出していく。
こうした結果を導いたのは、自らをゼネラリストと認める著者の、経営者としての正しい判断と実行力、そして、それぞれのプロフェッショナルにはすべてを任せるという潔さにある。さらに、文章から伝わってくるのは、著者の謙虚で誠実な人間性だ。著者は、ほかに本業を持っており、そちらもゼロからスタートさせて企業として成功させていることからもわかるように、優れた起業家であり、経営者なのである。競馬好きのみならず、新規事業に取り組もうとしている方や経営者の方にも、ぜひ手に取ってみてもらいたい一冊である。 (原)

著者情報

前田 幸治
1949年奈良県生まれ。「アイテック株式会社」代表取締役。34歳で馬主となり、84年に北海道新冠に「有限会社マエコウファーム」(09年より株式会社ノースヒルズ)を開設。これまでにファレノプシス(98年桜花賞など)、ノーリーズン(02皐月賞)、ヘヴンリーロマンス(05年天皇賞・秋)、トランセンド(10、11年JCダートなど)、ビートブラック(12年天皇賞・春)、キズナ(13年日本ダービー)、ワンアンドオンリー(14年日本ダービー)らの名馬を世に送り出した。現在JRA現役登録馬は160頭以上、GⅠ通算26勝という成績を収め、日本競馬屈指のオーナーブリーダーとして強い馬づくりに励む。

評点(5点満点)

総合 (4.0)
革新性 (4.0)
明瞭性 (4.0)
応用性 (4.0)

本書の要点

  • 著者は馬主になり、北海道で牧場経営を始めたが、最初はうまくいかなかった。欧米から専門のコンサルタントを招き、それぞれの分野のスペシャリストのアドバイスを受けながら改善を行うことにより、競馬で結果を出せる馬が育つようになった。
  • ゼネラリストは、細かいことをしすぎないで...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
戦略, リーダーシップ・マネジメント, 人事
著者
ページ数
230ページ
出版社
飛鳥新社 出版社ページ
定価
1,400円
出版日
2014年12月05日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
飛鳥新社 http://www.asukashinsha.co.jp/book/b185187.html
世界一の馬をつくる 4.0 2015-09-24
世界一の馬をつくる 1400

週間ランキング

2
著者:木下 斉
3
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
4
著者:読書猿
5
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
6
著者:細谷 功
8
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
9
著者:岩嵜 博論
10
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー