錦織圭 マイケル・チャンに学んだ勝者の思考

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発, リーダーシップ・マネジメント
著者
ページ数
192ページ
出版社
定価
1,402円
出版日
2014年12月28日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

2014年9月、錦織は日本人男子として初めてグランドスラムの決勝に進み、日本テニスの歴史を塗り替えた。残念ながら優勝はならなかったが、その後の大会でも安定した成績を残しており、日本人初のグランドスラム制覇も夢ではなくなった。今や国内に彼の名前を知らない人はおそらくいないだろう。野球のイチローやサッカーの本田圭佑と並び、間違いなく日本のトップアスリートのひとりである。
錦織は世界のトップ選手たちと比べても決して身体的に恵まれているわけではなく、むしろもっとも小柄な部類に入る。そんな身体的ハンディを乗り越えてどうやって世界のトップ選手たちと肩を並べられるようになったのか。本書はその秘密に迫っている。
錦織の成長に大きな役割を果たしたのが、コーチであるマイケル・チャンである。彼もまた小柄ながら世界のトップ選手として活躍した実績がある。テニスはメンタルのスポーツだとよく言われるが、錦織やマイケル・チャンがどのように己をコントロールし、そしてどのように訓練をおこなったのか、その軌跡には、仕事や日常生活にも役立つエッセンスがつまっている。
また、本書では錦織やマイケル・チャンが実際にインタビューや報道に際して発言した内容が数多く掲載されており、彼らの生の声に触れることができる。彼らが何を感じ、何を考え、何を実行したのか。それらに思いを巡らせながら本書を読み進めてみてはどうだろうか。 (山下 あすみ)

著者情報

児玉 光雄
1947年兵庫県生まれ。追手門学院大学客員教授。前鹿屋体育大学教授。京都大学工学部卒業。大学時代テニスプレーヤーとして活躍し、4年生の時、全日本学生選手権男子シングルスでベスト8に入る。1970~1974年まで全日本選手権にも出場。また、1970年大阪毎日選手権で当時の全日本ランク1位の小林功選手(住友軽金属)を破る大番狂わせを演じる。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院に学び工学修士号を取得。米国オリンピック委員会スポーツ科学部門本部の客員研究員としてオリンピック選手のデータ分析に従事。プロテニスコーチ、テニススクール経営者として多くのトップジュニアを指導する傍ら、過去20年以上にわたり臨床スポーツ心理学者としてプロスポーツ選手のメンタルカウンセラーを務める。また、日本でも数少ないプロスポーツ選手・スポーツ指導者のコメント心理分析のエキスパートとして知られている。2013年3月鹿屋体育大学を定年退職。
主な著書は、ベストセラーになった『イチローの思考』シリーズ(東邦出版)をはじめ、『実は180度違う一流テニス選手の思考』(東邦出版)、『上達の技術』(サイエンスアイ新書)、『マンガでわかるメンタルトレーニング』(サイエンスアイ新書)、『児玉光雄の読むだけでテニスが上手くなる本』(ベースボールマガジン社)等多数。

評点(5点満点)

総合 (3.8)
革新性 (3.5)
明瞭性 (4.0)
応用性 (4.0)

本書の要点

  • 錦織圭のコーチであるマイケル・チャンは、徹底的な練習と厳しい指導で錦織のテニスのレベルを引き上げた。チャンの指導の最大の功績は、錦織の意識の変革である。
  • マイケル・チャンはメンタルの強さを何より...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発, リーダーシップ・マネジメント
著者
ページ数
192ページ
出版社
定価
1,402円
出版日
2014年12月28日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
楓書店 http://www.kaedeshoten.com/syoseki.htm
錦織圭 マイケル・チャンに学んだ勝者の思考 3.8 山下 あすみ 2015-10-22
錦織圭 マイケル・チャンに学んだ勝者の思考 1402

週間ランキング

1
著者:細谷 功
2
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
3
著者:岩嵜 博論
4
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
5
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
7
著者:松崎 一葉
8
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー