「業界再編時代」のM&A戦略

No.1コンサルタントが導く「勝者の選択」

ジャンル
産業・業界, 戦略
著者
ページ数
239ページ
出版社
定価
1,512円
出版日
2015年09月20日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

「M&A」と聞くと、「会社の身売り」という負のイメージを持っている人もいるのではないだろうか? このイメージは今や過去のものとなっている。例えば、多くの中小・中堅企業のオーナー経営者を悩ませている後継者不在の問題に対して、「事業承継型のM&A」は非常に有効な手立てになっている。適切な後継者がいないケースもあれば、廃業すると社員の雇用が失われ、自らも借金を背負うというケースもある。そんなとき、自社の「売り時」を逃さないM&Aによって、「圧倒的高値での売却」と「会社の飛躍的成長」を実現させることができるのだ。
さらには、労働人口の減少など、企業が激動の業界再編時代を生き抜くためにも、M&Aは重要な役割を果たしているという。次世代の経営陣が活躍の場を広げるために、優良企業にグループ入りを果たすなど、業界の行く末を見据えたうえでの戦略的売却、すなわち「業界再編型のM&A」が増加している。売り手側の経営者のメリットは、自社売却後も経営を続けたり、新事業を立ち上げたり、引退後の第二の人生を謳歌したりと、多様な選択肢を得られるという点だ。
著者はM&Aコンサルタントとして、多くの中小・中堅企業の事業承継をサポートしてきた。本書では、その豊富な知見と経験をもとに、中小・中堅企業経営者が取るべき選択肢やM&Aのメリット、再編が活発化する各業界のM&Aのベストタイミング、成功事例などをわかりやすく紹介していく。中小・中堅企業経営者の「勝者の選択」を導く羅針盤として、本書をおすすめしたい。 (松尾 美里)

著者情報

渡部 恒郎(わたなべ・つねお)
株式会社日本M&Aセンター 業界再編支援室長。大分県別府市生まれ。京都大学経済学部在学中にベンチャー企業の経営に参画。卒業後、2008年日本M&Aセンター入社。業界再編M&Aの第一人者。過去70件を超えるM&Aを成約に導き、中小・中堅企業M&AのNO.1コンサルタントとして業界を牽引している。代表的な成約案件であるトータル・メディカルサービスとメディカルシステムネットワークのTOBは日本の株式市場で過去最高のプレミアムがついた(グループ内再編を除く)。テレビ朝日「報道ステーション」、テレビ東京系列「ワールドビジネスサテライト」・「ガイアの夜明け」、日本経済新聞、朝日新聞、東洋経済、日経MJなどのマスメディアで取り上げられている。

評点(5点満点)

総合 (4.2)
革新性 (4.0)
明瞭性 (4.5)
応用性 (4.0)

本書の要点

  • さまざまな業界で再編が起きている現在、経営者には、絶好のタイミングでM&Aを行い、「圧倒的高値の売却」と「会社の飛躍的成長」を実現するための判断と決断が求められる。
  • 50代のうちにM&Aを積極的な経営戦略と...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
産業・業界, 戦略
著者
ページ数
239ページ
出版社
定価
1,512円
出版日
2015年09月20日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
幻冬舎 http://www.gentosha-mc.com/product/9784344973213/
「業界再編時代」のM&A戦略 4.2 松尾 美里 2015-10-30
「業界再編時代」のM&A戦略 1512

週間ランキング

1
著者:細谷 功
2
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
3
著者:岩嵜 博論
4
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
5
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
7
著者:松崎 一葉
8
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー

おすすめのlibrary f