イーロン・マスク 未来を創る男

ジャンル
グローバル, コンセプト・トレンド, 起業, 産業・業界, 戦略, リーダーシップ・マネジメント, サイエンス・テクノロジー
著者
ページ数
338ページ
出版社
定価
1,836円
出版日
2015年09月15日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

現在、全世界から最も注目を浴びている経営者は、イーロン・マスクだと言っても過言ではない。凄まじい頭脳と溢れ出る情熱、使命感を持って、ロケットや電気自動車のイノベーションを実現してきた男、イーロン・マスク公認の伝記が登場した。マスクはどんな半生を駆け抜けてきたのだろうか? 
本書では、いじめにあっていた少年時代、祖国、南アフリカからの逃避、駆け出しの経営者時代、ペイパル創業を経てスペースX、テスラモーターズ、ソーラーシティといった企業を軌道に乗せるまでのマスクの悪戦苦闘ぶりが、鮮やかに描き出されている。
「人類の火星移住を実現させる」という壮大な夢に向かって、次々と前代未聞の目標を打ち立て、果敢に挑んでいく姿は圧巻である。例えばマスクは、1基の打ち上げに240億円もかかるロケットを宇宙に飛ばそうとする。粘り強い取り組みの結果、直近の目標である国際宇宙ステーションへの物資補給に成功した。もう一つの挑戦は、電気自動車「ロードスター」の開発である。一時は経営破綻寸前と言われたが、何とか息を吹き返し、快進撃を見せている。マスクは、幾多の失敗にも屈せず、「大風呂敷を広げているだけ」という周囲の非難をものともしない。
読みごたえのある一冊であるが、マスクの人生を深く掘り下げ、その舞台裏を明るみに出す著者の魔術にかかったかのように、本書の世界観に引き込まれ、あっという間に本書を読み終えてしまうだろう。テクノロジーの限界に立ち向かう稀代の経営者の軌跡をぜひ堪能してほしい。 (松尾 美里)

著者情報

アシュリー・バンス
テクノロジー分野の第一線で活躍するライター。『ニューヨーク・タイムズ』紙で、シリコンバレーやテクノロジーに関する取材を数年にわたって手がけたのち、週刊ビジネス誌『ブルームバーグ・ビジネスウィーク』に活動の場を移し、サイバースパイ活動からDNAシークエンシング(塩基配列決定)、宇宙探査に至るまで、科学技術に関する幅広い分野で特集記事を担当している。

評点(5点満点)

総合 (4.3)
革新性 (4.5)
明瞭性 (4.5)
応用性 (4.0)

本書の要点

  • イーロン・マスクは「火星に人類を送り込み、人類を救う」というミッションを掲げ、スペースX、テスラモーターズ、ソーラーシティを軌道に乗せて、新たな挑戦を続けている。
  • スペースXは、3度の打ち上げ失敗に屈せず...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
グローバル, コンセプト・トレンド, 起業, 産業・業界, 戦略, リーダーシップ・マネジメント, サイエンス・テクノロジー
著者
ページ数
338ページ
出版社
定価
1,836円
出版日
2015年09月15日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
講談社 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062196338
イーロン・マスク 未来を創る男 4.3 松尾 美里 2015-11-11
イーロン・マスク 未来を創る男 1836

週間ランキング

2
著者:木下 斉
3
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
4
著者:読書猿
5
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
6
著者:細谷 功
8
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
9
著者:岩嵜 博論
10
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー