お客様の“気持ち"を読みとく仕事コンシェルジュ

ホスピタリティのプロを目指すあなたへ

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発, リーダーシップ・マネジメント
著者
ページ数
231ページ
出版社
秀和システム
定価
1,512円
出版日
2015年08月30日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

コンシェルジュという職業に対し、「ホテルの宿泊客のあらゆる要望を魔法のように叶えてくれる人」、という印象がある方も多いかもしれない。しかし「頼まれたことをそのまま実行するのでは不十分」なのだという。すべては、宿泊客への「満足」をいかにして高めるかにある。そのゴールをどうやって目指すかについて丁寧に書かれているのが本書である。長年にわたるコンシェルジュ経験の中から、成功だけでなく失敗から得た教訓をもベースに、ホスピタリティの何たるかについて説いている。
その中で注目すべきは、コンシェルジュとは単独作業ではなくチームプレーであるということ。シフト制であるため、例えば「●時までに○○をお願い」という依頼を受けるのはスタッフAでも、お客様が再びコンシェルジュデスクに来たときに対応するのはスタッフB、ということは多々ある。AがBにいかにわかりやすく引き継ぐか、どこまで進めてバトンタッチしたらよいか。コンシェルジュになりたいという人への心掛けだけでなく、組織としてひとつのゴールを目指すにはどうあるべきかについても描かれているので、マネジメントの観点からもぜひ読んでいただきたい。
最後に「コンシェルジュという役を演じる」「いつも機嫌よく、心からの笑顔でいること」について触れられている。少しの失敗がお客様の評価に大きく響く接客の世界は、並大抵のプロ意識では務まらないのだろう。ユニフォームの襟元に燦然と輝く「レ・クレドール」のバッジが似合う、著者の笑顔に惹きつけられる。 (下良 果林)

著者情報

阿部 佳(あべ・けい)
1959年東京生まれ。1992年ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテルにコンシェルジュとして入社。その後、コンシェルジュの世界組織『レ・クレドール(Les Clefs d’Or)』国際会員となる。1998年に『レ・クレドール ジャパン』プレジデント(会長)に就任。国内外のコンシェルジュのネットワークの拡充、後進の育成、国内でのコンシェルジュに対する認識を高めるための活動に従事。2000年には日本ホスピタリティ推進協会より、ホスピタリティの精神に基づき、職責を超えて分け隔てなく他人のために尽くした人に与えられる『The Best Hospitality Prize of the Year 2000』を受賞。2002年にグランド ハイアット 東京チーフコンシェルジュに就任。現在はコンシェルジュとして多岐にわたる国内外のゲストリレーション業務、および後進育成に従事。2015年4月より、明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部教授も務めている。著書に『わたしはコンシェルジュ』(講談社)がある。「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK)など、メディア出演多数。

評点(5点満点)

総合 (4.0)
革新性 (3.0)
明瞭性 (4.5)
応用性 (4.5)

本書の要点

  • お客様の漠然とした希望について、話を聞き出しながらベストの提案を探り当てることが大切だ。会話中の細かな表情にも細心の注意を払うべきである。
  • 要望にそのまま応じるのでは十分ではない。...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発, リーダーシップ・マネジメント
著者
ページ数
231ページ
出版社
秀和システム
定価
1,512円
出版日
2015年08月30日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
秀和システム
お客様の“気持ち"を読みとく仕事コンシェルジュ 4.0 下良 果林 2015-11-11
お客様の“気持ち"を読みとく仕事コンシェルジュ 1512

週間ランキング

2
著者:木下 斉
3
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
4
著者:読書猿
5
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
6
著者:細谷 功
8
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
9
著者:岩嵜 博論
10
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー

おすすめのlibrary f