問題解決に効く「行為のデザイン」思考法

ジャンル
コンセプト・トレンド, オペレーション
著者
ページ数
240ページ
出版社
CCCメディアハウス 出版社ページ
定価
1,620円
出版日
2015年09月17日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

デザインというと、ビジュアルのセンスばかりが意識されるかもしれない。しかし、本来のデザインでは、エンジニアが携わるようなプロトコル(手順)領域をはじめ、色や形が作用する心理領域、経営や社会的つながりを考慮するソーシャル領域など、幅広い知識を総動員することが求められるのだ。
「行為のデザイン」とは、人の行動に着目し、改善点を見つけて、プロダクトのより良い形を見つけていく新しいデザインマネジメントである。究極の理想は、取扱説明書がなくてもユーザーが正しい使い方を直感的に理解し、スムーズに使用できる状態だ。
著者は、物理学を学び、デザイナーになったという異色のキャリアの持ち主である。これまでパナソニックやコクヨファニチャーなど多くの企業において、商品開発メソッドとしての「行為のデザイン」を指導してきた著者によると、デザインというスキルは問題解決を果たし、イノベーションを起こすツールだという。本書の魅力は、ユーザーに不便を感じさせる「バグ」と、その解決法の多彩な具体例が紹介されている点や、デザイナーや企画、営業、生産といった各ステークホルダーが意見を出し合い、すり合わせていくプロセスを説明している点である。
人間本来の自然な「行動」の価値が見直される今、デザインの本質と開発手法を学ぶにはうってつけの入門書である。ユーザー行動観察、商品開発、ビジネス開発、社会課題の解決をめざす人にぜひ読んでみていただきたい。 (松尾 美里)

著者情報

村田 智明(むらた・ちあき)
1959年、鳥取県境港市生まれ。1982年に大阪市立大学工学部応用物理学科卒業後、三洋電機株式会社デザインセンター入社。1986年にハーズ実験デザイン研究所を設立、プロダクトを中心に広範囲なデザイン活動を行う。オムロンの「スポットアーム」(2004年)やマイクロソフト「Xbox360」(2005年)などを手がけ、記録的な販売数量を達成する。また、自ら立ち上げたブランド共有型コンソーシアムブランド「METAPHYS(メタフィス)」のプロダクトは、グッドデザイン賞特別賞をはじめ、デザインフォーアジアアワードグランプリ、REDDOT BEST OF BEST、ジャーマンデザインアワードWINNER賞など、国内外で50点以上を受賞。
実践してきたユーザー心理行動分析法による商品開発メソッド「行為のデザイン」を指導するワークショップは、パナソニック、コクヨファニチャー、アップリカ、ローランドや日本能率協会など多くの企業や行政の地域振興施策にも導入されている。
現在は神戸芸術工科大学客員教授、九州大学非常勤講師のほか、2011年から京都造形芸術大学大学院にて、デザインで社会問題を解決するSDI(ソーシャルデザイン・インスティチュート)を開講し、所長をつとめている。著書に『ソーシャルデザインの教科書』(生産性出版)がある。

評点(5点満点)

総合 (4.0)
革新性 (4.0)
明瞭性 (4.0)
応用性 (4.0)

本書の要点

  • 「行為のデザイン」とは、ユーザーの行動や心理に着目し、ユーザーがより滑らかに目的の行為を進められるプロダクトのデザインを考えることである。
  • ユーザーの行動を時間軸に沿って思い描く「...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
コンセプト・トレンド, オペレーション
著者
ページ数
240ページ
出版社
CCCメディアハウス 出版社ページ
定価
1,620円
出版日
2015年09月17日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
CCCメディアハウス http://books.cccmh.co.jp/list/detail/1764/
問題解決に効く「行為のデザイン」思考法 4.0 松尾 美里 2015-12-16
問題解決に効く「行為のデザイン」思考法 1620

週間ランキング

2
著者:木下 斉
3
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
4
著者:読書猿
5
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
6
著者:細谷 功
8
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
9
著者:岩嵜 博論
10
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー