最速の仕事術はプログラマーが知っている

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発, オペレーション
著者
ページ数
224ページ
出版社
クロスメディア・パブリッシング 出版社ページ
定価
1,598円
出版日
2015年07月24日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

Microsoftのビル・ゲイツ、Googleのラリー・ペイジ。ビジネス界の巨星たちはみな、プログラマーあがりだ。彼らのスピード感あるビジネスには、効率・高速を常に求めるプログラマー的思考が活かされている。
本書の著者は、国家認定の「天才プログラマー」であり、経営者の顔も持つ清水亮氏である。氏のマネジメントにもやはり、徹底的にムダを省いていくプログラミングの考え方が、無意識のうちに反映されているという。また、ミーティングやプレゼンテーション、リサーチなどの現代の仕事は、主に「情報処理」である。その「情報処理」のスペシャリストであるプログラマーが、「最速の仕事術」を知っているというのは言い過ぎではないのではないか、と著者は自ら語る。
本書では、KISS原則 = 「とにかくシンプルにしろ」などのプログラミングの原則や仕組み、著者ならではのWebの利用法など、プログラマーの思考から発想された数々の仕事術が紹介されている。その範囲は、メール送信など日常業務のこなし方から、情報整理、人材育成、ビジネス設計と広範囲にわたる。
プログラミングというと、まったく別ジャンルの仕事をしている方は、専門用語が羅列されているのではないかと怖気づいてしまうかもしれないが、そうした心配はご無用である。易しい言葉で、この分野の用語に明るくない人でも読めるように書かれているので、ぜひ気軽な気持ちでプログラマーの思考をのぞいてみてほしい。 (熊倉 沙希子)

著者情報

清水亮
株式会社ユビキタスエンターテインメント代表取締役社長兼CEO。
1976年新潟県生まれ。
高校在学中には雑誌でプログラミングについての連載ページを持つ。電気通信大学在学中、米Microsoft Corpにて家庭用ゲーム機開発や技術動向の研究・教育に携わった。文部科学省の委託事業などを経た後、98年にドワンゴ入社。エグゼクティブゲームディレクターとして携帯電話事業を立ち上げ、2002年に退社。CEDEC(ゲーム開発者向け技術交流会)設立などにかかわり、03年より現職。04年度に独立行政法人情報処理推進機構(IPA)より天才プログラマー/ スーパークリエイターとして認定され、05年より東京大学大学院情報学環履修生。08年~10年九州大学大学院非常勤講師。
誰もがプログラミングできる環境の実現を目指し、enchant.js、enchantMOONなどの製品を世に送り出している。
著書に『ネットワークゲームデザイナーズメソッド』(翔泳社)、『教養としてのプログラミング講座』(中央公論新社)など。

評点(5点満点)

総合 (3.7)
革新性 (3.5)
明瞭性 (3.5)
応用性 (4.0)

本書の要点

  • プログラマーは、同じことの繰り返しを嫌う。また、シンプルであることを好む。そうした考えから、仕事においても、典型的なパターンは再利用できるようにしたり、企画書やプレゼン資料をすっきり見せる工夫をしたり、という効率化が生まれる。
  • Webでは、重要な情報そのものを得ること...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発, オペレーション
著者
ページ数
224ページ
出版社
クロスメディア・パブリッシング 出版社ページ
定価
1,598円
出版日
2015年07月24日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
クロスメディア・パブリッシング http://www.cm-publishing.co.jp/9784844374220/
最速の仕事術はプログラマーが知っている 3.7 熊倉 沙希子 2015-12-18
最速の仕事術はプログラマーが知っている 1598

週間ランキング

2
著者:木下 斉
3
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
4
著者:読書猿
5
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
6
著者:細谷 功
8
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
9
著者:岩嵜 博論
10
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー