世代論の教科書

日本初! たった1冊で誰とでもうまく付き合える

ジャンル
コンセプト・トレンド, マーケティング
著者
ページ数
272ページ
出版社
東洋経済新報社
定価
1,620円
出版日
2015年10月15日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

「若い人のことはわからない」「世代が違うから話が通じない」などという会話を耳にすることがある。たしかに、10歳近く年齢が異なると、幼少時に親しんだテレビ番組から、多感な時期に流行したモノ、受験や社会に出る際の状況まで、あらゆることが違い、会話の中で共通項が見つけられないこともある。そんな時、失礼のないように気を使いながらも、実質的に話を聞き流してしまう人が多いはずだ。さらに、仕事のフィールドでは、世代の違う上司や部下の「理解できない言動」に悩んでいる人がいるかもしれない。
そこで役に立つのが本書である。「団塊」から「さとり」までの6つの世代について、それぞれの世代がどのような時代背景の中で生まれて成長し、その経験や経緯から現在のライフスタイルや消費行動、嗜好が現れているということが詳細に描かれている。
各世代の特徴を知れば、相手の言動の理由やその背景にあるものがよくわかるため、受け止め方が変わり、人間関係が良好になるかもしれない。また、本書のもうひとつの楽しみ方は、自分が該当する世代についてじっくりと読むことである。子どものころや、多感な学生時代に親しんだ事物を懐かしむことができるのはもちろんだが、その世代の中にいる自分ではわからない客観的な分析がされており、自分自身に向き合うことができる。そして、「今、自分がすべきこと、変えていくべきこと」を知ることにもつながるはずだ。 (原)

著者情報

阪本 節郎
1952年、東京都生まれ。早稲田大学商学部卒業後、博報堂に入社。プロモーション企画実務を経て、プロモーション数量管理モデル・対流通プログラム等の研究開発に従事。その後、商品開発および統合的な広告プロモーション展開実務に携わり、企業のソーシャルマーケティングの開発を理論と実践の両面から推進。2000年エルダービジネス推進室開設を推進し、2011年春、発展的に「新しい大人文化研究所」を設立。所長を経て現在、統括プロデューサー。

原田 曜平
1977年東京生まれ。慶應義塾大学卒業後、博報堂入社。ストラテジックプランニング局、博報堂生活総合研究所、研究開発局を経て、2015現在、博報堂ブランドデザイン若者生活研究所リーダー。多摩大学非常勤講師。2003年JAAA広告賞・新人部門賞を受賞。専門は若者研究で、日本およびアジア各国で若者へのマーケティングや若者向け商品開発を行っている。また日本テレビ系列「ZIP!」の金曜日レギュラーコメンテーターを担当。

評点(5点満点)

総合 (3.8)
革新性 (4.0)
明瞭性 (4.0)
応用性 (3.5)

本書の要点

  • 団塊世代は競争意識や仲間意識が強い。欧米文化を最初に受け入れ、若者文化を創造し、「私生活」を重視するなど、「日本で初めて」を担ってきた世代である。子育てや孫育てのスタイルも新しい。「新しい時代の担い手である」という意識を強く持ち、現役引退後もパワフルに活動・消費している。
  • 新人類世代は、それ以前の世代のような「思...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
コンセプト・トレンド, マーケティング
著者
ページ数
272ページ
出版社
東洋経済新報社
定価
1,620円
出版日
2015年10月15日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
東洋経済新報社
世代論の教科書 3.8 2015-12-24
世代論の教科書 1620

週間ランキング

2
著者:木下 斉
3
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
4
著者:読書猿
5
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
6
著者:細谷 功
8
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
9
著者:岩嵜 博論
10
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー