どんな業界でも記録的な成果を出す人の仕事力

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発, リーダーシップ・マネジメント, 人事
著者
ページ数
240ページ
出版社
東洋経済新報社
定価
1,620円
出版日
2015年09月03日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

日本コカ・コーラで最年少部長に抜擢され、マイケル・ジャクソンのドキュメンタリー映画『THIS IS IT』のDVD販売で、驚異的なヒットを達成。持ち運べる洗濯機「COTON」を手掛け、日本の家電業界に革命を起こしつつある。これらが同一経営者の成し遂げた偉業だというから驚きだ。本書はまさに、どんな業界でも記録的な成果を出してきたプロ経営者の著者による、ビジネス指南書である。
著者はまず、業界の知識や常識に固執するベテラン社員たちを「絶滅寸前の恐竜」にたとえた。時代の流れに取り残され、打ち手がないベテラン社員たちは、氷河期に対応できず滅んでいった恐竜と同じ末路をたどるという。そして、どの業界でも求められているのは、「よそ者」「素人」にしか生み出しえない柔軟な発想と、しなやかに、そしてしたたかに戦略を実行に移して成果を出し続けることなのだと、著者は説く。
本書には、「世界を変えていくのは、よそ者、バカ者、若者だ。」と記されている。この場合のバカ者とは、その業界の歴史や業界用語を詳しく知らない者を指す。事業再生を託され、異なる業界からやってきた素人は、ベテラン社員から知識や経験不足をバカにされがちだ。しかし、「よそ者」の役割は、今までその業界の人がやってこなかった、自分ならではの発想や戦い方を実行に移し、ベテランを巻き込んでいくことである。どの業界でも著しい成果を上げるための姿勢やキャリアプランの作り方を、ぜひ本書から学びとっていただきたい。 (下良 果林)

著者情報

伊藤 嘉明(いとう・よしあき)
ハイアール アジア株式会社
代表取締役社長兼CEO
1969年タイ・バンコク生まれ。米国オレゴン州コンコーディア大学マーケティング学部を卒業後、タイへ帰国し、オートテクニックタイランドへ入社。サーブ自動車の総輸入元として高級車の企画・販売・営業全般に携わった後渡米し、サンダーバード国際経営大学院ビジネススクールにてMBAを取得。日本アーンスト・アンド・ヤング・コンサルティングを経て、2000年に日本コカ・コーラ入社。広報渉外本部、初代環境経営部長に就任、前例のない環境経営の取り組みで成果を上げ高い評価を得た。2004年デルに入社、公共営業本部長兼米国本社コーポレートディレクターとして複数の大型案件を勝ち取り、アジア環太平洋地域のベスト・リーダーに選出される。その後レノボ米国本社のエグゼクティブディレクター・グローバル戦略担当役員、アディダス ジャパンの上席執行役員副社長兼営業統括本部長を経て、2009年にソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE)、ホームエンタテインメント部門の日本・北アジア代表をつとめる。2014年ハイアール アジア株式会社(旧三洋電機白物家電事業部門が母体となる)社長兼CEO就任。ハイアール グループの海外事業の中でも最も大きい地域となる日本、ASEAN諸国の14事業会社、6400人を統括。事業再生に取り組む。

評点(5点満点)

総合 (4.0)
革新性 (4.0)
明瞭性 (4.5)
応用性 (3.5)

本書の要点

  • 「よそ者」が異なる業界で実践すべきことは、「ビッグピクチャー」を描き、業界の常識やルールに縛られずに突き進むことである。
  • 激動のビジネス社会を乗り切るには、武器を...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発, リーダーシップ・マネジメント, 人事
著者
ページ数
240ページ
出版社
東洋経済新報社
定価
1,620円
出版日
2015年09月03日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
東洋経済新報社
どんな業界でも記録的な成果を出す人の仕事力 4.0 下良 果林 2016-02-12
どんな業界でも記録的な成果を出す人の仕事力 1620

週間ランキング

1
著者:細谷 功
2
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
3
著者:岩嵜 博論
4
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
5
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
7
著者:松崎 一葉
8
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー