なぜデータ主義は失敗するのか?

人文科学的思考のすすめ

ジャンル
オペレーション, マーケティング
著者
ページ数
320ページ
出版社
早川書房
定価
2,052円
出版日
2015年07月20日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

「何かがひどく間違っている。数字を見て、プレゼンを聞いて、すべての照準をターゲットに合わせても、どれも的外れだと感じる」。本書の冒頭には、まるで上司の心を覗いたかのような言葉が登場する。仮説を立て、それを裏付けるデータが集まっても、どうしても確信が持てないという経験は、マーケティング部署の社員であれば馴染みがあるのではないだろうか。
本書は、その打開策を人文科学の思考法に見出す。著者が紹介する「センスメイキング」という手法は、仮説を裏付ける量的データを集めるのではなく、まず顧客のところに飛び込み、現象をただ観察して、そこに意味を見出すというもので、「考える」というより「感じる」ことに重きを置いている。そう言うと単なるヤマ勘のように聞こえてしまうかもしれないが、実際はそうではない。しっかりと確立された手順と、多くの成功事例によって、その確かさは裏付けされている。経営に行き詰まっていたレゴやアディダスが、どのように顧客の心をつかみ直し、企業としての信念を揺るぎないものにしたのか。読めば必ず自社のビジネスの参考になるはずだ。
残念ながら人文科学の一部は、ときに軽視されがちである。最近では、国立大学の人文系学部再編の是非も話題になった。本書によって人文科学的思考の価値が周知され、「文系」の面目躍如となることを心より願う。 (北山 葵)

著者情報

クリスチャン・マスビェア
コペンハーゲンとロンドンで哲学および政治学を学び、ロンドン大学で修士号を取得。ReDアソシエーツの創業パートナー。ニューヨークを拠点とし、従来研究者が使ってきた高度な手法を各社の問題解決プロセスに取り入れ、ReDのクライアントリレーション担当ディレクターとして多くのフォーチュン300企業の経営陣にアドバイスをする。社会理論、言説分析、政治学に関する著書数冊あり。

ミゲル・B・ラスムセン
デンマークのロスキレ大学で行政学・経済学の修士号、オランダのマーストリヒト大学でイノベーション管理学の修士号を取得。ReDアソシエーツの創業パートナー。ReDアソシエーツ・ヨーロッパのディレクターとして先見的企業の経営トップと協働、その仕事から玩具、スポーツ用品、ヘルスケアの市場で画期的なテクノロジーや製品が生まれている。ヨーロッパで学界および一般メディアに多数の記事を寄稿。

評点(5点満点)

総合 (3.5)
革新性 (4.0)
明瞭性 (3.0)
応用性 (3.5)

本書の要点

  • これまでは、量的データをもとに問題を直線的に解決する「デフォルト思考」の考え方が主流だった。しかし人間行動を扱う上では、質的データを元に非直線的な問題解決を図る「センスメイキング」の手法が有用である。
  • センスメイキングは、人を正しく理解するた...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
オペレーション, マーケティング
著者
ページ数
320ページ
出版社
早川書房
定価
2,052円
出版日
2015年07月20日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
早川書房
なぜデータ主義は失敗するのか? 3.5 北山 葵 2016-02-18
なぜデータ主義は失敗するのか? 2052

週間ランキング

1
著者:細谷 功
2
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
3
著者:岩嵜 博論
4
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
5
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
7
著者:松崎 一葉
8
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー