中国のスティーブ・ジョブズと呼ばれる男

雷軍伝

ジャンル
起業, 産業・業界, リーダーシップ・マネジメント, IT
著者
ページ数
343ページ
出版社
東洋経済新報社
定価
1,944円
出版日
2015年05月14日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

スマートフォン発表からわずか3年あまりで中国首位、世界シェアでもサムスン、アップルに次ぐ世界第3位のスマホメーカーへと大躍進したシャオミ。その創業者である雷軍(レイ・ジュン)の半生を描いたのが本書である。しばしばアップル創業者のスティーブ・ジョブズと比較される雷軍だが、本書を読み、雷軍が歩んできた道のりを追う限り、そこにはジョブズのような型破りな青年の姿はない。
幼い頃から勉強ができた優等生は努力の結果、プログラマーとして頭角を現し、エンジェル投資家に転身。莫大な利益を手に入れたものの、大学時代に読んだノンフィクション『パソコン革命の英雄たち』で知ったジョブズの姿を忘れられず、世界的な企業を自らの手で作りたいと、40歳でシャオミを立ち上げる。創業後の快進撃は言わずと知れたところだが、注目したいのは多くの失敗を重ねて現在に辿り着いたその道のりだ。地に足をしっかりつけながら理想を追う彼のような人物こそ、中国に求められているイノベーターなのかもしれない。
シャオミのビジネス戦略というよりは、起業家としての雷軍の半生を描いた作品である。今最も注目を集める企業を生み出した雷軍がなぜこの場所に立つことができたのか、そして中国のインターネットおよびモバイルインターネット業界の黎明期から現在までの歩みについて、知ることができるという点でも意義ある一冊だ。 (佐藤)

著者情報

陳潤(チェンルン)
湖北省出身。ビジネス作家。中央人民広播電台「経済之声」特約コメンテイター。中国国内の多くの有名メディアでコラムを執筆し、特に商業史、企業史に詳しい。著書に『グローバルビジネス100年』、『生活はもっと素晴らしくできる』、『金儲けは一種の信仰である』、『理想を現実に活かす』、『大逆転』(いずれも未邦訳)など。

評点(5点満点)

総合 (3.5)
革新性 (4.0)
明瞭性 (3.0)
応用性 (3.5)

本書の要点

  • 「中国のスティーブ・ジョブズ」と呼ばれることの多い雷軍だが、幼い頃から優等生で勤勉な彼は、ジョブズとはまた違ったカリスマ性を持っている。
  • シャオミ科技の創業者の雷軍は、プログラマ...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
起業, 産業・業界, リーダーシップ・マネジメント, IT
著者
ページ数
343ページ
出版社
東洋経済新報社
定価
1,944円
出版日
2015年05月14日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
東洋経済新報社
中国のスティーブ・ジョブズと呼ばれる男 3.5 佐藤 2016-03-22
中国のスティーブ・ジョブズと呼ばれる男 1944

週間ランキング

1
著者:細谷 功
2
著者:岩嵜 博論
3
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
4
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
5
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー
6
著者:松崎 一葉
9
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
10
著者:神吉直人