ベテラン弁護士の「争わない生き方」が道を拓く

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発
著者
ページ数
176ページ
出版社
ぱる出版 出版社ページ
定価
1,404円
出版日
2015年11月25日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

弁護士というと、揉め事や諍い事を飯の種とし、したたかさを武器とする職業のように思われがちだ。著者は、職歴45年というベテラン弁護士である。そんなベテラン弁護士が本書で示すのは「争って勝つ方法」ではなく、むしろ「争わずしてどう幸せに生きるか」だ。その点を不思議に思う読者は少なくないかもしれない。
しかし著者は言う。「弁護士ほど、『争わない生き方』を望んでいる職業はないと思います。なぜなら、争いをして人生によいことは何もないと毎日実感しているから」と。依頼人が裁判で勝ち、金を手にしても幸せそうでなく、むしろ孤独を抱えているように感じられるのはなぜか。長年のキャリアの中でその理由と解決策を考え、一冊の本にまとめあげたのが本書である。
著者は、争いの絶えない生き方をしている人にこそ、道徳が必要なのではないかと説く。法によって争いの決着をつけることは対処療法でしかなく、依頼人の心や考え方が変わらなければトラブルを繰り返してしまうのだ。そうした人が幸福な人生という道を拓くには、どこかで自分を改める必要がある。
本書は、道徳を大切にして生きるための提案だけでなく、人との交流の中で得られた人間関係改善のノウハウをも伝授している。「いつも何らかのトラブルに巻き込まれている」「人間関係が上手くいかない」とお悩みの方には、ぜひ本書を手に取っていただきたい。読み終えたら、きっといつもより温かくすがすがしい心を持つ自分に出会えるだろう。 (下良 果林)

著者情報

西中 務(にしなか・つとむ)
弁護士、職歴45年。1942年、大阪府淀川区生まれ。大阪府立北野高等学校、大阪大学法学部を卒業後、25歳で司法試験に合格。以来45年間、大阪の地で弁護士活動に励み、現在は、エートス法律事務所に所属している。社会貢献活動として、弁護士事務所の1階をセミナールームとして無料で貸しているほか、老人ホーム訪問などの傾聴ボランティアも行なっている。ミッションは、「争いのない世の中を実現すること」。

評点(5点満点)

総合 (4.0)
革新性 (3.0)
明瞭性 (4.5)
応用性 (4.5)

本書の要点

  • 争い事に巻き込まれやすい人は、まず自分に原因がないか、利己的な欲にとりつかれていないかを考えよう。
  • 理不尽に思えることが生じても、利他の精神...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発
著者
ページ数
176ページ
出版社
ぱる出版 出版社ページ
定価
1,404円
出版日
2015年11月25日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
ぱる出版 http://pal-pub.jp/?p=3891
ベテラン弁護士の「争わない生き方」が道を拓く 4.0 下良 果林 2016-04-08
ベテラン弁護士の「争わない生き方」が道を拓く 1404

週間ランキング

2
著者:木下 斉
3
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
4
著者:読書猿
5
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
6
著者:細谷 功
8
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
9
著者:岩嵜 博論
10
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー