ビジネスを「先読み」する人の日本経済史の読み方

ジャンル
政治・経済, 産業・業界
著者
ページ数
254ページ
出版社
KADOKAWA/中経出版 出版社ページ
定価
1,620円
出版日
2015年11月27日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

現在日本は、世界第3位の経済大国であるにも関わらず、借金はGDPの2.3倍に相当する、約1000兆円にも上っている。この現状は終戦直後の日本に類似しており、当時は戦時国債と復興予算による財政の悪化でハイパーインフレが起きた。現在の日本は経常収支が黒字であり、国債の9割が国内で消化されているために財政破綻を逃れているが、日本でいつハイパーインフレ、またはデフォルトが起きてもおかしくない。このまま財政赤字や家計貯蓄率のマイナスが続くなどして日本の信用が失われれば、円売りが始まり歯止めがかからなくなってしまう恐れがある。
本書では、日本の危機的状況を過去の実例に照らし合わせて検証し、今後日本がどのような道を歩んでいくことになるのかについて、非常にわかりやすく解説している。未来のことはもちろん誰も知ることはできないが、歴史に学ぶことで未来を予測するヒントを得ることができるのではないかと著者は考えている。
また本書では、日本の高度成長の要因やバブル崩壊、アメリカのサブプライムローン問題、リーマンショックなど、今さら人には聞きづらい事柄についても、その背景から経緯、結果まで丁寧に説明している。戦後日本の経済および世界経済のあらましをおさらいし、「経済のしくみ」を理解したい人にオススメしたい一冊である。 (和田 有紀子)

著者情報

小宮 一慶(こみや かずよし)
経営コンサルタント。株式会社小宮コンサルタンツ代表取締役。十数社の非常勤取締役や監査役、顧問も務める。
1957年、大阪府堺市生まれ。81年京都大学法学部卒業。東京銀行に入行。84年から2年間、米国ダートマス大学タック経営大学院に留学。MBA取得。帰国後、同行で経営戦略情報システムやM&Aに携わったのち、岡本アソシエイツ取締役に転じ、国際コンサルティングにあたる。この間、93年にはUNTAC(国連カンボジア暫定統治機構)選挙監視委員として、総選挙を監視。94年には日本福祉サービス(現セントケア)企画部長として在宅介護の問題に取り組む。95年に小宮コンサルタンツを設立し、現在に至る。2014年名古屋大学客員教授に就任。フィールドでの実践をもとに、企業規模、業種を問わず、幅広く経営コンサルティング活動を行う一方、年百回以上の講演を行う。新聞・雑誌、テレビ等の執筆・出演も数多くこなす。経営、会計・財務、経済、金融、仕事術から人生論まで、多岐に渡るテーマの著作を発表。その著書は100冊を数え、累計発行部数は300万部を超える。
主な著書に『本質をつかむ思考力』『一流に変わる仕事力』『伝え方の極意』(中経の文庫 KADOKAWA)、『ビジネスマンのための「発見力」養成講座』(ディスカヴァー携書)、『「1秒!」で財務諸表を読む方法』(東洋経済新報社)、『日経新聞の数字がわかる本』(日経BP社)、『社長の教科書』(ダイヤモンド社)、『松下幸之助 パワーワード』(主婦の友社)他多数。 
◆小宮コンサルタンツhttp://www.komcon.co.jp/

評点(5点満点)

総合 (3.7)
革新性 (3.5)
明瞭性 (3.5)
応用性 (4.0)

本書の要点

  • GDPの2倍以上の借金を抱える日本が財政破綻しないのは、デフォルトしたギリシャとは異なり経常収支が黒字であることに起因するが、状況は年々悪化している。
  • アベノミクスのもとで行われた「異次元の金...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
政治・経済, 産業・業界
著者
ページ数
254ページ
出版社
KADOKAWA/中経出版 出版社ページ
定価
1,620円
出版日
2015年11月27日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
KADOKAWA/中経出版 http://www.kadokawa.co.jp/product/321504000175/
ビジネスを「先読み」する人の日本経済史の読み方 3.7 和田 有紀子 2016-06-14
ビジネスを「先読み」する人の日本経済史の読み方 1620

週間ランキング

2
著者:木下 斉
3
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
4
著者:読書猿
5
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
6
著者:細谷 功
8
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
9
著者:岩嵜 博論
10
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー