馬を飛ばそう

IoT提唱者が教える偉大なアイデアのつくり方

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発, コンセプト・トレンド
著者
ページ数
444ページ
出版社
日経BP社 出版社ページ
定価
2,160円
出版日
2015年12月22日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

著者は、IoT (Internet of Things) という言葉の提唱者として著名なケヴィン・アシュトン氏。本書では、「創造」がどのようにして生まれるか、その過程に迫る。
たとえば、世界初の有人動力飛行を成功させたライト兄弟は、何か飛躍的なひらめきや発想をしたわけではない。彼らは、飛行機の実用化にあたって、営んでいた自転車店での経験から、機体のバランスを取ることが一番重要な問題だと考えていた。兄弟は鳥を研究することでバランスの問題を解決したが、そこまでには気の遠くなるほど多くの小さなステップがあった。まるで「調教されていない暴れ馬」のような飛行機を、最終的に制御して飛ばすまでに至った彼らでも、実際に研究を始めるまで、空を自在に飛ぶ鳥のすごさがわからなかったという。「馬を飛ばそう」として初めて、その難しさや解決すべき無数の課題が見えてきたのだ。そして彼らは失敗をくりかえしながらも一つひとつ解決し、その積み重ねの先に素晴らしい成果を得た。「創造」は奇跡や魔法の類いではなく、小さなステップが曲がりくねりながら無数に連なった先にあるものなのである。
本書の構成は、各章ごとに著者の主張を補強する事例が引用されているので、抽象的なテーマにも関わらずとても読みやすくなっている。また、それらの「創造」に関する事例はバリエーションに富んでおり、本書は「読み物」としても、非常に興味深く、面白く読めるということを明記しておく。 (和田 有紀子)

著者情報

ケヴィン・アシュトン
イギリスの無線IDタグ専門家、プロダクター。IoT(モノのインターネット)の言葉の提唱者として世界的に知られる。同分野を研究するマサチューセッツ工科大学(MIT)Auto-IDセンター(現Auto-IDラボ)共同設立者。多数のメディアに寄稿・出演。

評点(5点満点)

総合 (3.7)
革新性 (4.0)
明瞭性 (3.5)
応用性 (3.5)

本書の要点

  • 創造は天才のひらめきによるものではなく、普通の人間の試行錯誤の末に生まれるものである。人間は諦めさえしなければ、誰でも創造できる可能性を秘めている。
  • 意識的に創造するために必要なことは、現状...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発, コンセプト・トレンド
著者
ページ数
444ページ
出版社
日経BP社 出版社ページ
定価
2,160円
出版日
2015年12月22日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
日経BP社 http://bpstore.nikkeibp.co.jp/item/books/P51350.html
馬を飛ばそう 3.7 和田 有紀子 2016-06-17
馬を飛ばそう 2160

週間ランキング

2
著者:木下 斉
3
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
4
著者:読書猿
5
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
6
著者:細谷 功
8
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
9
著者:岩嵜 博論
10
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー

おすすめのインタビュー