すごい差別化戦略

競合他社を圧倒する「違い」のつくり方

ジャンル
産業・業界, 戦略, マーケティング
著者
ページ数
208ページ
出版社
日本実業出版社 出版社ページ
定価
1,512円
出版日
2016年01月28日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

低価格競争が進む市場の中で、簡単には利益を出せない企業が多い。高度成長期を過ぎた日本は豊かな時代を経験し、ほとんどの消費者がすでに必要な商品を手にしている。価格と内容ともに本当に満足する商品でなければ、消費者は買ってくれなくなった。その中で商品が選ばれるためには、自社の強みを活かした差別化を行うことが得策である。なぜなら、他社との違いを生み出すことができれば、価格で比較されることなく、自社でしか手に入らない商品に消費者がお金を出そうとしてくれるからだ。
本書では、差別化戦略に注目する。しかし差別化を行おうとするとき、一般的に広く知られたセオリーを活かそうとすると、他社と似たような商品になってしまいがちで差別化にはつながらない。自社独自のオリジナル商品をつくるためには、問題を徹底的に考え抜く力が必要となる。問題を考え抜くために、ときにはセオリーを疑ったり、多角的に眺めたりする視点が求められる。そして考え抜く力を伸ばすためには、たとえわずかな時間であったとしても、それぞれの業界における成功・失敗の両パターンについて、自社ではどのように活用できるのかを想像するクセづけが必要だ。
他社との違いを生み出せるように、本書で紹介される25の事例についてじっくりと考え抜き、考える力を磨いてみてはいかがだろうか。 (流石 香織)

著者情報

大﨑 孝徳
名城大学経営学部教授。1968年大阪市生まれ。民間企業勤務後、長崎総合科学大学助教授、ワシントン大学マイケルGフォスター・ビジネススクール客員研究員を経て、現職。九州大学大学院経済学府博士後期課程修了、博士(経済学)。
主な著書として『プレミアムの法則』『「高く売る」戦略』(以上、同文舘出版)、『ITマーケティング戦略』『日本の携帯電話端末と国際市場』(以上、創成社)ほか。

評点(5点満点)

総合 (3.5)
革新性 (3.5)
明瞭性 (3.5)
応用性 (3.5)

本書の要点

  • リーダーが強い意志、姿勢を発揮することで、社員の緊張感、自覚が高まり、圧倒的な差別化商品を生み出す原動力となる。
  • 差別化に妥協は許されず、たとえ高いリスク...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
産業・業界, 戦略, マーケティング
著者
ページ数
208ページ
出版社
日本実業出版社 出版社ページ
定価
1,512円
出版日
2016年01月28日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
日本実業出版社 http://www.njg.co.jp/book/9784534053480/
すごい差別化戦略 3.5 流石 香織 2016-07-07
すごい差別化戦略 1512

週間ランキング

2
著者:木下 斉
3
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
4
著者:読書猿
5
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
6
著者:細谷 功
8
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
9
著者:岩嵜 博論
10
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー