バリアバリュー

障害を価値に変える

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発, 産業・業界, リーダーシップ・マネジメント
著者
ページ数
192ページ
出版社
新潮社
定価
1,296円
出版日
2016年03月18日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

「あらゆる障害(バリア)は、価値(バリュー)に変えられる」。ユニバーサルデザインという広大な未開拓市場を見つけ、設立6年目にして年商2億円の企業へと成長してきた株式会社ミライロ。ミライロを学生時代に立ち上げた垣内氏は、骨形成不全症により、現在は車いすで生活をしている。車いすの高さ106センチの世界で生きているからこそ得られる視点を活かし、これまで冒頭の言葉を自身で体現してきた。垣内氏が提唱する「バリアバリュー」は、障害や短所、苦手なことを無理に克服しようとするだけでなく、それを価値や強みに変えるという発想だ。思春期の頃の彼は、歩けるようになりたい一心でがむしゃらに努力したものの、障害を克服できないことに絶望し、命を断とうとまで思い詰めた経験があるという。しかし、自身のバリアと向き合う中で、このバリアバリューの考え方を見出した。そして、仲間と起業し、日々奮闘しながらも、ユニバーサルデザインの革命児と呼ばれるまでに成長を遂げていった。
本書では、垣内氏の半生を振り返りながら、どのような課題意識のもとに事業を考え出し、軌道に乗せてきたのか、そしてバリューを育てるためにどんな習慣を大事にし、仲間たちとどうコミュニケーションをとっているのかが、力強くも感性豊かな等身大の言葉で綴られている。
ブルーオーシャンの見つけ方を知りたい人や起業を志す人はもちろん、「短所を長所に変えたい」という切なる願いを持つ人に、ぜひ読んでいただきたい一冊だ。読んだ後には心が浄化され、勇気が湧いてくるにちがいない。 (松尾 美里)

著者情報

垣内 俊哉(かきうち としや)
株式会社ミライロ代表取締役社長。日本ユニバーサルマナー協会代表理事。1989年生まれ、岐阜県中津川市出身。立命館大学経営学部在学中の2010年、(株)ミライロを設立。障害を価値に変える「バリアバリュー」の視点から、企業や自治体、教育機関におけるユニバーサルデザインのコンサルティングを手がける。2014年には日本を変える100人として、日経ビジネス「THE100」に選出される。2015年より、日本財団パラリンピックサポートセンターの顧問に就任。

評点(5点満点)

総合 (3.8)
革新性 (3.5)
明瞭性 (4.0)
応用性 (4.0)

本書の要点

  • 著者は車いすの生活やリハビリなどの経験を通じて、障害(バリア)や弱点を、価値(バリュー)や強みに置き換えるという「バリアバリュー」の思考法を身につけた。
  • 株式会社ミライロは「ハードは変えられなく...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発, 産業・業界, リーダーシップ・マネジメント
著者
ページ数
192ページ
出版社
新潮社
定価
1,296円
出版日
2016年03月18日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
新潮社
バリアバリュー 3.8 松尾 美里 2016-07-14
バリアバリュー 1296

週間ランキング

1
著者:細谷 功
2
著者:岩嵜 博論
3
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
4
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
5
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー
6
著者:松崎 一葉
9
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
10
著者:神吉直人