トヨタの強さの秘密

日本人の知らない日本最大のグローバル企業

ジャンル
産業・業界, 戦略, 人事
著者
ページ数
260ページ
出版社
講談社現代新書 出版社ページ
定価
950円
出版日
2016年03月16日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

2016年3月期、トヨタの売上高ならびに営業利益が、過去最高を記録した。日本企業の中では言うまでもなく1位であり、世界の企業の中でもベスト10位以内、製造業に限れば、アップル社と並び売上世界一の座を争うという好調ぶりである。製造業の凋落が激しい日本で、なぜトヨタとそのグループ企業だけが世界とここまで渡り合えるのか? その秘密を明らかにしたのが本書だ。
トヨタといえば、一般的にカンバン、カイゼンなどの言葉に代表される「トヨタ生産方式」が有名であり、それこそがトヨタの強さの秘密だと考えている人も少なくないのではないだろうか。しかし本書によれば、その回答は今では完全な間違いだという。実際、米国をはじめ世界のビジネスパーソンがトヨタから学ぼうとしているのは、生産方式ではない。彼らがトヨタの強さの秘密とみなしているのは、その製品開発の仕組みなのである。
現在、世界で勝ち続ける企業と、負け続ける企業を分けているのは、トヨタの製品開発を知っているかどうかだと著者は断言する。トヨタの製品開発については、日本発祥とはいえ、これまで謎に包まれてきた。しかし、リーン開発、リーン・スタートアップ、リーン・ローンチパッド、デザイン・シンキングといった経営手法は、もともとトヨタが考えだしたものだ。グローバル市場で勝負をしたいのであれば、まずは本書を片手に、同じ国のトヨタから学んでみてはいかがだろうか。 (石渡 翔)

著者情報

酒井 崇男(さかい たかお)
1973年、愛知県岡崎市生まれ。グローバル・ソリューションズ代表取締役。東京大学工学部卒業、東京大学大学院工学系研究科修了。大手通信会社研究所勤務を経て独立、人事・組織・製品開発戦略のコンサルティングを行う。また、リーン開発・製品開発組織のタレント・マネジメントについて、国内外で講演・指導を行っている。著書に『「タレント」の時代 世界で勝ち続ける企業の人材戦略論』(講談社現代新書)。

評点(5点満点)

総合 (3.0)
革新性 (3.0)
明瞭性 (3.0)
応用性 (3.0)

本書の要点

  • トヨタの強さの秘密は、有名なトヨタ生産方式(TPS)にあるのではなく、トヨタ流の製品開発(TPD)にある。このTPDを代表する有名なノウハウが、主査制度だ。
  • すべての関連部署と連携をとりつつ、開発に...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
産業・業界, 戦略, 人事
著者
ページ数
260ページ
出版社
講談社現代新書 出版社ページ
定価
950円
出版日
2016年03月16日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
講談社現代新書 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062883627
トヨタの強さの秘密 3.0 石渡 翔 2016-07-14
トヨタの強さの秘密 950

週間ランキング

2
著者:木下 斉
3
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
4
著者:読書猿
5
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
6
著者:細谷 功
8
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
9
著者:岩嵜 博論
10
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー