物語戦略

ジャンル
コンセプト・トレンド, 産業・業界, 戦略, マーケティング
著者
ページ数
216ページ
出版社
日経BP社 出版社ページ
定価
1,728円
出版日
2016年04月12日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

近畿大学、パタゴニア、ルイ・ヴィトン、Apple。こうした企業の共通項は、顧客や従業員をはじめとするステークホルダーをファンにしてしまう強力な物語を持つという点だ。他社が簡単に真似できない競争優位性を生む「物語」をどうすれば紡ぎ出せるのだろうか。豊富な成功事例とともに、その解を提示しているのが本書である。
著者たちは、一般的な競争戦略の本では見落とされがちな「おもしろさ」に着目し、その企業の強みを象徴する物語、すなわち「シンボリック・ストーリー」の威力について述べていく。シンボリック・ストーリーは、多くのステークホルダーの間で共有され、語り継がれることで、ビジネスモデルの独自性を強めてくれる。そして物語は、競争戦略やビジネスモデルと結びついて、顧客や従業員を引きつけてやまない伝説となり、ファンの心に深く刻まれるというのだ。
シンボリック・ストーリーを核にして、他社が真似できないビジネスモデルを生み出すためのフレームワークと、成功した企業、ブランドの秘訣を余すことなく盛り込んだ一冊である。シンボリック・ストーリーの探し方が、現場ですぐに実践できるレベルにまで具体化されているのもありがたい。さらには、「そんな物語があるのは特別な会社だけ」という固定観念も見事に打破してくれる。
自社の強みを象徴する物語を戦略的に活かすという新機軸を打ち立てた本書は、経営戦略やビジネスモデルの変革を進めようとする方にとって、必読の書だといえる。 (松尾 美里)

著者情報

岩井 琢磨(いわい たくま)
コミュニケーション戦略プランナー
早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了(MBA)。広告会社に入社後、インストア・プランナー、クリエイティブ・ディレクター、ブランドコンサルタントなどを経て現職。製造業、流通サービス業界を中心に、企業ブランド戦略および企業コミュニケーション戦略の策定・実行支援のプロジェクトを数多く手がけている。著書に『ゲーム・チェンジャーの競争戦略』(共著、日本経済新聞出版社)がある。日本マーケティング学会会員・マーケティングサロン委員、日本広報学会会員。

牧口 松二(まきぐち しょうじ)
マーケティング・ディレクター
早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了(MBA)。広告会社に入社後、ブランドコンサルティング会社の創立メンバーに加わり執行役員に就任。その後現職。製造業、流通業、店舗型サービス業界を中心に、事業戦略、ブランド戦略の策定・実行支援、サービスクオリティマネジメントなどのプロジェクトを数多く手がけている。著書に、『ゲーム・チェンジャーの競争戦略』(共著、日本経済新聞出版社)、『なぜ、あの会社は顧客満足が高いのか』(共著、同友館)、『サービスブランディング』(共著、ダイヤモンド社)、『ブランドマネジメントのすすめ方』(共著、日本能率協会マネジメントセンター)、『ブランドマーケティングの再創造』(共訳、東洋経済新報社)がある。

評点(5点満点)

総合 (4.3)
革新性 (4.5)
明瞭性 (4.0)
応用性 (4.5)

本書の要点

  • シンボリック・ストーリーは、①企業の強みを象徴している、②企業の戦略方針に合致している、③思わず人に話したくなるという3つの要件を満たす必要がある。
  • 物語戦略とは、物語を経営資源ととらえ、ビ...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
コンセプト・トレンド, 産業・業界, 戦略, マーケティング
著者
ページ数
216ページ
出版社
日経BP社 出版社ページ
定価
1,728円
出版日
2016年04月12日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
日経BP社 http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/P51430.html
物語戦略 4.3 松尾 美里 2016-08-04
物語戦略 1728

週間ランキング

1
著者:佐藤 ねじ
4
著者:スティーヴ・ロー 著 久保 尚子 翻訳
5
著者:磯山友幸
7
著者:マリオ・ リヴィオ 著 千葉 敏生 翻訳
8
著者:アネット・シモンズ著  池村 千秋 訳
9
著者:ムーギー・キム
10
著者:Dr. Alan Watkins