仕事も人間関係もうまくいく

ANAの気づかい

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発
著者
ページ数
212ページ
出版社
定価
1,512円
出版日
2015年12月11日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

本書はANA社員たちが日々実践してきた「気づかい」の秘訣を1冊にまとめたものである。勤続20年以上の現役社員からOBまでにインタビューし、現場での努力を通じて人から人へと受け継がれてきた「口伝の技術」を初めて公開している。
相手を気づかう、相手を思いやるということは、誰もが幼いころから親や周囲の人に言われてきた美徳であろう。しかし、相手を気づかうことがなぜ大切なのか考えたことはあるだろうか。本書はその「なぜ」を明確に教えてくれる一冊であり、理由が納得できるからこそ気づかいをできるようになりたいと思わせてくれる。
私たちが飛行機を利用する際、「何も言ってないのに毛布をかけてくれた」「重い荷物を代わりにもってくれた」といった対面で示される気づかいには気づきやすい。しかしそれらは全体の一部にすぎず、実は私たちの見えないところでより多くの気づかいがなされているのだ。「気づかれない気づかいこそ金」――すなわち気づかれない気づかいこそが、気づかいの本質であると述べているこの言葉を、ANAでは社員一人ひとりが日々実践しているのである。
本書内では随所にベテラン社員の気づかいを、個人のもので終わらせずに、組織に広げて徹底する様子が描かれている。気づかいの本質とともに、社員の目線を合わせて一丸となって課題に取り組み、実践する姿にも注目していただきたい。 (和田 有紀子)

著者情報

ANAビジネスソリューション
ANAホールディングスの100%子会社。ANAグループのノウハウを活かし、主に「研修事業」「人材派遣事業」を行う。
研修の内容は「接遇&ビジネスマナー」「ヒューマンエラー対策」「コミュニケーション」など。メーカー、小売り、サービス業、医療機関、自治体など、あらゆる業種、業態からの依頼を受け、企業・個人に向けた研修を行っている。
社内で「青い血」と呼ぶDNAの継承を大切にしており、研修はすべて、ANA社員として長年勤務してきた、あるいは現役で勤務する講師が務める。
著書に『どんな問題も「チーム」で解決する ANAの口ぐせ』(KADOKAWA)がある。

評点(5点満点)

総合 (3.2)
革新性 (3.0)
明瞭性 (3.0)
応用性 (3.5)

本書の要点

  • ANAでは「気づかいは仕事をする上で必須のビジネススキルである」と位置付けている。
  • 組織で仕事を確実に行うためのベースになる...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発
著者
ページ数
212ページ
出版社
定価
1,512円
出版日
2015年12月11日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
KADOKAWA http://www.chukei.co.jp/business/detail.php?id=9784046013132
ANAの気づかい 3.2 和田 有紀子 2016-08-05
ANAの気づかい 1512

週間ランキング

1
著者:細谷 功
2
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
3
著者:岩嵜 博論
4
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
5
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
7
著者:松崎 一葉
8
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー