インドビジネス40年戦記

13億人市場との付き合い方

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発, グローバル, リーダーシップ・マネジメント
著者
ページ数
255ページ
出版社
日経BP社 出版社ページ
定価
1,728円
出版日
2016年04月04日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

急激な人口増加と経済成長を続け、世界経済での存在感を日に日に増しているインド。人口で近い将来世界一になるのは確実とされている国である。大国になりつつあるこの国に、40年以上も前からビジネスで関わり続けてきたのが本書の著者、中島敬二氏だ。本書には、住友商事におけるインド担当としての豊富な経験に基づく知見が、いたるところにちりばめられている。実際に長く現地に滞在し、数多くのインド人と交流してきた著者の知識は、実践的なものばかりだ。インドビジネスに携わる者だけでなく、インドに関心がある者にとって、一度は目を通しておきたい一冊といえる。
インド市場を開拓していった著者の物語は、順風満帆なものとはとても言えない。しかし、常にとまどいながら、それでもなんとか結果に結びつけていくその姿には、単純なサクセスストーリーにはない読み応えがある。成功だけでなく、困惑、挫折を隠さずに記しているところは本書の特徴の一つであり、その失敗談からも大いに私たちは学ぶことができるだろう。
数々の印象深いエピソードが語られている本書だが、それだけではない。その経験から学び取った法則が、「インドビジネス成功法」として、すぐに現場で活用できる形でまとめられているのも素晴らしい。40年前の開拓者が日々困難に直面し、迷いながら作り上げてきた知恵が、ここに凝縮されているといっても過言ではない。この蓄積を活用し、インドビジネスのさらなる未来を切り開いていく人材があらわれることを、著者も期待しているに違いない。 (金松 豊)

著者情報

中島 敬二(なかじま けいじ)
元インド住友商事社長。Nakajima Consultancy Services社長。インド在住。1994年山梨県生まれ。1968年に慶應義塾大学経済学部を卒業し、住友商事入社。1974年からインドとの取引にかかわり、スズキがインドに設立した合併会社マルチには立ち上げ時期からかかわる。1998年からインド住友商事社長。デリー日本人学校理事長、デリー商工会議所会長などを歴任。2001年本社に帰任し、理事・広報部長。2004年に定年退職後、関連会社社長に就任したが、住友商事が出資するインド企業の再建を依頼され、同社Directorとして2006年から3度目のインド赴任。退任後、DMICインド政府アドバイザー(日本政府派遣)、ハリヤナ州政府名誉顧問などを務める。その後インドで起業し、日本企業のインド進出を支援するコンサルタント会社、日本食レストラン、ホテルなどを経営する。

評点(5点満点)

総合 (3.5)
革新性 (4.0)
明瞭性 (3.0)
応用性 (3.5)

本書の要点

  • 著者はもともとインド嫌いの人間であったが、経験を重ねていくなかでインド人とのつきあい方を学んでいき、定年後もインドで新規事業を立ち上げるなど、今では立派な「インド大好き人間」になった。
  • 日本とインドの考え方は大きく異なっている...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発, グローバル, リーダーシップ・マネジメント
著者
ページ数
255ページ
出版社
日経BP社 出版社ページ
定価
1,728円
出版日
2016年04月04日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
日経BP社 https://eb.store.nikkei.com/asp/ShowItemDetailStart.do?itemId=D2-00P51460B0
インドビジネス40年戦記 3.5 金松 豊 2016-09-07
インドビジネス40年戦記 1728

週間ランキング

2
著者:木下 斉
3
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
4
著者:読書猿
5
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
6
著者:細谷 功
8
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
9
著者:岩嵜 博論
10
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー