裸でも生きる

25歳女性起業家の号泣戦記

ジャンル
グローバル, 起業
著者
ページ数
320ページ
出版社
講談社
定価
713円
出版日
2015年09月17日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

バングラデシュと聞くと、その貧しさや不安定な政治情勢を思い浮かべる人は少なくないだろう。だがその貧しさがはたしてどれほどのものなのか、実態を見たことがある人はほとんどいないはずだ。
著者である山口絵理子氏がバングラデシュで見たのは、日本人が空港に降り立つなり「マネー! マネー!」と叫びながら群がる人たちや、悪臭漂うスラムでゴミを漁りながら暮らす人たち、きれいな水を手に入れるために何キロも歩く人たちだった。
政治家たちが豪邸に住んで高級車に乗り、子どもをアメリカの大学に留学させている一方で、社会の底辺にいる大勢の人には、先進国からの援助はまったく行き届かない。貧しさが多くの人を飲み込み、夢を諦めさせ、理性を失わせ、嘘をつかせたりする。しかし、それでも彼らは毎日を必死に生きている。その有り様は、日本人である我々に「なぜそんな幸せな環境にいながら、やりたいことをしないのか」と訴えかけるかのように、著者の目には映ったという。
バングラデシュの職人たちを対等なビジネスのパートナーとして選び、先進国でも通用するバッグブランド「マザーハウス」を立ち上げることを志した著者だが、その道のりは困難極まりないものだった。しかし、幾度も挫折を経験し涙を流しながらも、ひたすら理念のために突っ走り、なんとかして活路を見出そうとするその姿には、感嘆せざるをえない。自分自身を勇気づけたいとき、何度も読み返したい一冊である。 (下良 果林)

著者情報

山口 絵理子(やまぐち えりこ)
1981年埼玉県生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業、バングラデシュBRAC大学院開発学部修士課程修了。大学のインターン時代、ワシントン国際機関で途上国援助の矛盾を感じ、アジア最貧国バングラデシュに渡り日本人初の大学院生になる。「必要なのは施しではなく先進国との対等な経済活動」という考えで23歳で起業を決意。「途上国から世界に通用するブランドをつくる」という理念を掲げ、株式会社マザーハウスを設立。バングラデシュやネパールの自社工場・工房でジュート(麻)やレザーのバッグ、ストールなどのデザイン・生産を行い、2015年現在、日本、台湾、香港で22店舗を展開している。また、新たにインドネシアで生産したジュエリーの販売を開始。Young Global Leaders(YGL)2008年選出。ハーバード・ビジネス・スクールクラブ・オブ・ジャパン アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2012受賞。毎日放送『情熱大陸』などに出演。著書に『裸でも生きる2 Keep Walking 私は歩き続ける』『自分思考』(ともに講談社)。

評点(5点満点)

総合 (4.0)
革新性 (4.0)
明瞭性 (4.5)
応用性 (3.5)

本書の要点

  • アジア最貧国のバングラデシュに訪れた著者は、これまでの途上国への援助のかたちでは、そこで暮らす人たちのためにならないと考えた。著者が必要だと感じたのは、途上国の人が自信を持って先進国と対等にビジネスができる、途上国発のブランドだった。
  • ビジネスとして販売するなら、途上国への同...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
グローバル, 起業
著者
ページ数
320ページ
出版社
講談社
定価
713円
出版日
2015年09月17日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
講談社
裸でも生きる 4.0 下良 果林 2016-09-21
裸でも生きる 713

週間ランキング

1
著者:細谷 功
2
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
3
著者:岩嵜 博論
4
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
5
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
7
著者:松崎 一葉
8
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー