熱狂の王 ドナルド・トランプ

ジャンル
政治・経済, グローバル
著者
ページ数
368ページ
出版社
クロスメディア・パブリッシング 出版社ページ
定価
1,922円
出版日
2016年10月01日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

2016年のアメリカ大統領選挙の投票日が迫ってきている。大統領候補は、民主党のヒラリー・クリントン氏と、共和党のドナルド・トランプ氏(以下敬称略)に絞られ、依然としてデッドヒートが続いている状態だ。どちらが次のアメリカ大統領になるのか、世界中の人々が選挙の行方に注目している。それは、アメリカとの関係が深い日本でも、けっして例外ではない。
本書は、ピュリッツァー賞受賞ジャーナリストによる、トランプに関する評伝の決定版だ。ドナルドの強烈な個性と生き様が、「これでもか」というぐらい鮮明に描き出されており、読んでいるだけで頭がクラクラしてくるほどである。
また同時に、トランプについて知ることは、現代のアメリカの情勢を理解することにもつながるかもしれない。わざわざ言及するまでもなく、トランプの人格ややり方は、さまざまな方面から批判を浴びている。それは絶え間ない訴訟騒ぎや舌戦の様子を見れば明らかだが、一方でトランプを支持する人も多い。1992年に彼と離婚した、一人目の結婚相手であるイヴァナ・トランプですら、選挙戦でトランプを全面的に応援する姿勢を打ち出しているほどである。
彼は間違いなく、ある種の魅力を持った人物であり、それを見誤ると、昨今のトランプ現象を理解することは難しい。いかにして「ドナルド・トランプ」という怪物が誕生したのか、本書を読んでその真相に触れていただきたい。 (石渡 翔)

著者情報

マイケル・ダントニオ (Michael D’Antonio)
フリージャーナリスト、ライター。プルトニウム汚染の脅威を追及した『アトミック・ハーベスト』(小学館)、感染症の恐怖を描いた『蚊・ウイルスの運び屋』(共著、ヴィレッジブックス)をはじめ、これまで10冊以上の本を上梓。『Newsday』の記者時代にピュリッツアー賞を受賞。

評点(5点満点)

総合 (3.5)
革新性 (3.5)
明瞭性 (4.0)
応用性 (3.0)

本書の要点

  • 父親から帝王学を叩き込まれたトランプは、軍隊式教育で知られる学校で揉まれながら、「勝利こそ絶対である」というメンタリティを身につけた。
  • トランプはさまざまな人脈を築く能力に長け...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
政治・経済, グローバル
著者
ページ数
368ページ
出版社
クロスメディア・パブリッシング 出版社ページ
定価
1,922円
出版日
2016年10月01日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
クロスメディア・パブリッシング http://www.ips.co.jp/items/001723.shtml
熱狂の王 ドナルド・トランプ 3.5 石渡 翔 2016-10-13
熱狂の王 ドナルド・トランプ 1922

週間ランキング

1
著者:細谷 功
2
著者:岩嵜 博論
3
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
4
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
5
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー
6
著者:松崎 一葉
9
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
10
著者:神吉直人