ポジティブ・コーチングの教科書

成長を約束するツールとストラテジー

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発, リーダーシップ・マネジメント, 人事
著者
ページ数
256ページ
出版社
定価
2,052円
出版日
2016年04月26日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

ポジティブであることは、仕事や家庭にどのように役立つのだろうか。ポジティブな要素を引き出すためのツールやスキルとは、どのようなものだろうか。本書は、現在広く使われている「人生満足尺度(SWLS)」の開発者エド・ディーナーの息子にして、ポジティブ心理学者であるロバート・ビスワス=ディーナーが、多彩な事例やエクササイズ、テストを交えながら、ポジティブ心理学がコーチングに与える効能について語りつくす一冊だ。ポジティブ心理学の知見に基づいたポジティブ・コーチングの決定版である。
著者は本書の中で、「ポジティブ心理学は科学である」と何度も述べている。幸福や希望といったポジティブ感情が、人にどのような効果をもたらすのかが、科学的手法を用いた研究結果とともに明らかにされており、ポジティブ心理学が、れっきとした学問なのだという自負が垣間見える。そして、ポジティブ心理学の知見やアセスメントを、コーチングの現場でどう活かせばいいのかについて、著者は非常にわかりやすく解説している。
ポジティブ・コーチングの使い道は、実に多彩だ。効果的な質問の投げかけによって部下や同僚が持つ強みを引き出したり、採用面接で受験者の興味分野を探り出したりすることができるだろう。もちろん、自分自身の強みや興味も再確認できる。本書から、実践に活かせるメソッドを探り出し、より満足度の高い人生を送るために役立ててほしい。 (下良 果林)

著者情報

ロバート・ビスワス=ディーナー
ポジティブ心理学者。学術研究を続けながら、各国の幅広い知的プロフェッショナルを対象にしたコーチングや企業向けの心理学研修を実施してきた。ケニアやイスラエル、グリーンランド辺境など、普通の心理学者が研究対象にしないような極限の地域に暮らす人たちを対象に研究を続けてきており「心理学界のインディ・ジョーンズ」という異名を持つ。著書に『「勇気」の科学』(大和書房)『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』(草思社)ほか多数。

評点(5点満点)

総合 (4.0)
革新性 (4.0)
明瞭性 (4.0)
応用性 (4.0)

本書の要点

  • 強みは、最大の成功を生み、湧き出るエネルギーと幸福感を人々にもたらす。コーチには、クライアントの強みを見出し、特定する能力が求められている。
  • 職場における「面白さ」は、従業員の生産性...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発, リーダーシップ・マネジメント, 人事
著者
ページ数
256ページ
出版社
定価
2,052円
出版日
2016年04月26日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
草思社 http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2199.html
ポジティブ・コーチングの教科書 4.0 下良 果林 2016-10-20
ポジティブ・コーチングの教科書 2052

週間ランキング

1
著者:中野 ジェームズ 修一
2
著者:松村 真宏 著
3
著者:ジェームズ・アレン著、坂本 貢一 訳
6
著者:アレック ロス 著 依田 光江 翻訳
8
著者:ユヴァル・ノア・ハラリ 著 柴田 裕之 訳
9
著者:佐藤オオキ
10
著者:ユヴァル・ノア・ハラリ 著 柴田 裕之 訳