中央銀行が終わる日

ビットコインと通貨の未来

ジャンル
政治・経済, コンセプト・トレンド, ファイナンス, IT
著者
ページ数
301ページ
出版社
定価
1,512円
出版日
2016年03月25日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

2014年にマウントゴックスが経営破綻したニュースを聞いて、はじめてビットコインという言葉を知った人も少なくないだろう。ビットコインとは、ネットワーク上で生成される暗号通貨のことだ。現状では、ほとんどの人は中央銀行券こそが「お金」だととらえているが、本書によれば、今後はビットコインが、より一般的に用いられることになるという。
これまでの中央銀行は、金利の利率を変化させることで、通貨供給量を増減する金融政策を主軸としてきた。実際、経済成長の時代では、この政策で経済はうまく回っていたのは事実だ。だが、著者によれば、金融政策は将来の「豊かさ」を現在に持ってくるということに他ならないという。将来の成長が見込めず、金利がゼロ近くで低迷しているなかでは、金融政策が効果を発揮するのは難しく、当然の結果として景気回復の糸口がつかめないというわけだ。
そこでビットコインの出番である。ビットコインでは、「ブロックチェーン」という技術を使って、資金の移動を行っている。この仕組みを中央銀行も採用し、デジタル技術で利子をつけた「デジタル銀行券」を発行して流通させることで、金融政策の選択肢の幅を広げることができる。中央銀行が独占発行してきた貨幣が、今後は民間の仮想通貨との競争にさらされる未来が来るかもしれない。貨幣というものが、今どこにいて、どこへ向かおうとしているのか、本書はその未来図を巧みに描き出している。 (平賀 妙子)

著者情報

岩村 充(いわむら みつる)
1950年、東京生まれ。東京大学経済学部卒業。日本銀行企画局兼信用機構局参事を経て、1998年より早稲田大学大学院(ビジネススクール)教授。著書に『電子マネー入門』『サイバーエコノミー』『貨幣の経済学』など。2010年に刊行した『貨幣進化論 「成長なき時代」の通貨システム』で注目を集める。

評点(5点満点)

総合 (3.7)
革新性 (4.0)
明瞭性 (3.5)
応用性 (3.5)

本書の要点

  • 豊かな未来が展望できない時代において、中央銀行の金融政策はもはや機能しない。中央銀行がこれから歩むべき道のヒントは、ビットコインにある。
  • たとえば1兆円のビットコインを作り出すに...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
政治・経済, コンセプト・トレンド, ファイナンス, IT
著者
ページ数
301ページ
出版社
定価
1,512円
出版日
2016年03月25日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
新潮社 http://www.shinchosha.co.jp/book/603782/
中央銀行が終わる日 3.7 平賀 妙子 2016-10-25
中央銀行が終わる日 1512

週間ランキング

2
著者:中野 ジェームズ 修一
3
著者:吉田 昌生
4
著者:ジェームズ・アレン著、坂本 貢一 訳
5
著者:アレック ロス 著 依田 光江 翻訳
6
著者:松村 真宏 著
7
著者:大下 英治
9
著者:ユヴァル・ノア・ハラリ 著 柴田 裕之 訳
10
著者:庄司 克宏