使える脳の鍛え方

成功する学習の科学

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発, サイエンス・テクノロジー
著者
ページ数
295ページ
出版社
エヌティティ出版 出版社ページ
定価
2,592円
出版日
2016年04月14日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

突然だが、みなさんは普段どうやって学習しているだろうか。「テキストに線を引き、頭に入るまで何度も読む」、「答えを覚えるまで短期集中で反復練習をする」、「できるだけ楽に学べるよう工夫する」。こうした学習法が実は誤っていると聞いたら驚くにちがいない。
本書では、学びに関する常識が次々と覆されていく。著者たちによると、最も効果的な学習法は、人間の直感に反するという。例えば、「テキストの再読と集中練習はきわめて非効率」、「学習はつらいほうが深く定着しやすい」といったものだ。
本書の魅力は、認知心理学の実験結果に基づいた鮮やかな分析もさることながら、知見を下支えする事例の豊富さにある。また、IQ(知能指数)は伸ばせるのか、脳は鍛えられるのか、といったテーマも取り上げられており、読めば読むほど知的好奇心が刺激されるだろう。『海馬』などの著書で有名な脳研究者、池谷裕二氏が「本当の勉強法を知りたいのなら、この本は宝の山だ」と太鼓判を押すのだから、効果は推して知るべし。
認知心理学の知見を教育に活かすという著者たちの信念が、本書の随所ににじみ出ている。これまでの学習法や指導法に行き詰まりを感じていた方や、教育・人材育成に携わる方はもちろん、日々の学びを血肉にしたいと考えるすべての方に、学びのパラダイムシフトを体験していただきたい。 (松尾 美里)

著者情報

ピーター・ブラウン
1959年生まれ。ノンフィクション作家・小説家。著書にJumping the Job Track, The Fugitive Wifeなどがある。

ヘンリー・ローディガー
1947年生まれ。ワシントン大学心理学部教授。イェール大学にて心理学博士号取得。認知心理学と教育現場をつなぐことをめざし、学習と記憶の専門家として200本以上の研究論文を発表。想起練習がいかに記憶を強化するか、なぜ人は誤った記憶を構築するのか、特別な記憶能力を持つ人の記憶術などがおもな研究テーマ。

マーク・マクダニエル
1952年生まれ。コロラド大学にて心理学博士号取得。ワシントン大学心理学部教授。同大学「認知・学習・教育・統合研究センター(CIRCLE)」所長。学習と記憶を専門とし、展望的記憶、認知的加齢、認知心理学の教育への応用がおもな研究テーマ。Memory Fitness: A Guide for Successful Aging, Prospective Memory: Cognitive, Neuroscience, Developmental, and Applied Perspectivesなどがある。

評点(5点満点)

総合 (4.0)
革新性 (4.5)
明瞭性 (3.5)
応用性 (4.0)

本書の要点

  • 積極的な想起練習は記憶を強化してくれる。思い出すのが難しい練習ほど効果も高まる。
  • 学んだ内容を定着させるには、時間の間隔を...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発, サイエンス・テクノロジー
著者
ページ数
295ページ
出版社
エヌティティ出版 出版社ページ
定価
2,592円
出版日
2016年04月14日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
エヌティティ出版 http://www.nttpub.co.jp/search/books/detail/100002380
使える脳の鍛え方 4.0 松尾 美里 2016-10-25
使える脳の鍛え方 2592

週間ランキング

1
著者:中野 ジェームズ 修一
2
著者:松村 真宏 著
3
著者:ジェームズ・アレン著、坂本 貢一 訳
6
著者:アレック ロス 著 依田 光江 翻訳
8
著者:ユヴァル・ノア・ハラリ 著 柴田 裕之 訳
9
著者:佐藤オオキ
10
著者:ユヴァル・ノア・ハラリ 著 柴田 裕之 訳