People Get Ready

The Fight Against a Jobless Economy and a Citizenless Democracy

ジャンル
政治・経済
著者
ページ数
368ページ
出版社
Nation Books (Perseus Books Group) 出版社ページ
出版日
2016年03月08日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

2016年の民主党予備選で惜しくも落選したものの、バーニー・サンダースは多くの人々に強烈なインパクトをもたらした。サンダースの支持層は、圧倒的に若者たち、そして富裕層に反発を強める低・中所得階級の人々だ。進歩的な経済大国という華やかなイメージの裏で、現実のアメリカ社会は、明るいものとは言いがたい。サンダース旋風は、そういった格差社会に対する人々の怒りが生んだものと言える。
雇用機会の喪失や社会格差の拡大、民主主義の崩壊といった、現在の米国が直面している問題は、はたしてどのようにもたらされたのか。綿密な調査と歴史的分析をもとにしながらその原因を究明していく本書は、同時に、市場主導経済が行き過ぎると公正な社会を維持できないこと、そして一般市民が変革を求めて立ち上がる必要性を強く訴える啓蒙の書であるともいえる。
米国に焦点を当てた一冊であるが、ここで論議されている多くの問題は、日本社会にも共通する深刻な課題である。民主主義のもとに、公平で活力のある未来社会を取り戻すため、一人ひとりが真剣に考える時が来ている。本書を通して、そのことが如実に感じられるようになるだろう。 (佐藤 瑞恵)

著者情報

ロバート・W・マックチェスニー (Robert W. McChesney)
米国イリノイ州立大学アーバナ・シャンペーン校コミュニケーション学部にて、Gutgsell寄付基金教授職を務める。著書および編集書籍は、これまで20冊以上に及び、3カ国語以上で翻訳出版されている。米国のメディア改革を訴える機関Free Pressの共同設立者。2008年、米雑誌Utne Readerにより「世界を変える先見的な思想家50人」に選出された。現在、ウィスコンシン州マディソン在住。

ジョン・ニコルス (John Nichols)
著名なジャーナリストであり、報道紙The Nationの国会担当記者。Free Pressの共同設立者。Capital Timesの編集委員。情報誌ProgressiveやIn These Times、ウィスコンシン州マディソン市の日刊新聞を始め、New York Times、Chicago Tribune他、数多くの新聞に寄稿。政治およびメディア問題の解説者として、MSNBC、NPR、BBCを始め、その他多くの放送・報道機関に頻繁に登場。ウィスコンシン州マディソンおよびワシントンD.C.在住。

評点(5点満点)

総合 (3.7)
革新性 (3.5)
明瞭性 (4.0)
応用性 (3.5)

本書の要点

  • 米国は、もはやアメリカンドリームを実現できる国ではない。この30~40年間に、社会階層の流動性は失われ、経済的、社会的、政治的格差が広がりを見せている。
  • 一般市民は、技術革新、経済や社会変化の巨...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
政治・経済
著者
ページ数
368ページ
出版社
Nation Books (Perseus Books Group) 出版社ページ
出版日
2016年03月08日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
Nation Books (Perseus Books Group) http://search.perseusbooksgroup.com/book/hardcover/people-get-ready/9781568585215
People Get Ready 3.7 佐藤 瑞恵 2016-11-02
People Get Ready 0

週間ランキング

3
著者:アネット・シモンズ著  池村 千秋 訳
4
著者:佐藤 ねじ
5
著者:アリストテレス 著 戸塚 七郎 訳
6
著者:Dr. Alan Watkins
7
著者:ムーギー・キム
8
著者:エドワード・ヒュームズ 著 染田屋 茂 訳
9
著者:池田 純