1枚のはがきで売上げを伸ばす方法

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発, マーケティング
著者
ページ数
213ページ
出版社
あさ出版 出版社ページ
定価
1,512円
出版日
2016年07月09日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

接待でレストランを利用したり、保険や自動車といった高額商品を購入したりしたあとで、店舗や企業からお礼のはがきを受け取るケースはどれくらいあるだろうか。通販購入時に自動配信されるメールを受け取ることはあっても、そのようなはがきを受け取る経験はごく、まれなことではないだろうか。
お礼はがきを導入していない店舗や企業は圧倒的に多いだろう。「出さないより出したほうがいい」と頭では理解できていても、日々の忙しさに追われ、手が回らないのが現状なのだろう。
本書の著者は、ランチェスター戦略を追究していくなかで、はがきの効果の絶大さに気づいたという。その効果は「出さないより出したほうがよい」という程度のものではない。著者は企業調査会社勤務時代に、はがきを出すことを実践してからの数年間で他の社員平均の7.7倍の売上を上げたという。
会社の存続を大きく左右する「粗利益」は、お客からしかもたらされない。お客を新規開拓し、つなぎとめるには、コンスタントにコミュニケーションをとることがカギとなる。「お客にとって忘れられない存在」となっていくことこそが重要なのである。そのためには、ありきたりなメールよりも、心のこもった手書きのはがきこそが、今の時代かえって新鮮に感じられるだろう。本書には、はがきをコンスタントに、かつ時間をかけずに出し続けるためのさまざまなテクニックが紹介されている。売上に伸び悩んだとき、業績低迷を打開したいとき、ライバルと差をつけたいときなどに、まさに必読の一冊である。 (下良 果林)

著者情報

竹田 陽一(たけだ・よういち)
ランチェスター経営(株)代表で、従業員100人以下の会社を専門にする経営コンサルタント。久留米市出身。明善高校、福岡大学経済学部卒業。建材メーカーで経理と営業を担当したあと、28歳のときに企業調査会社に転職し、16年間で、中小企業2,500社の信用調査と、倒産会社1,600社の取材を行う。34歳のとき、ランチェスター法則と出会い、それ以来、経営戦略の研究に打ち込む。
44歳のときランチェスター経営を創業。講演のために全国をまわり、その数はのべ4,300回になる。これまでランチェスター氏の墓参りのために7回訪英し、ランチェスター戦略の原書を手に入れ翻訳。
著書に、『小さな会社★社長のルール』『なぜ、「会社の数字」は達成されないのか?』『「ランチェスター経営」がわかる本』『THE LANCHESTER STRATEGY FOR MANAGEMENT』(以上、すべてフォレスト出版)、『社長のためのランチェスター式学習法』(あさ出版)など、多数。

評点(5点満点)

総合 (3.3)
革新性 (3.0)
明瞭性 (3.5)
応用性 (3.5)

本書の要点

  • はがきを出すことでお客に与える心理的メリットは発信元への信用・信頼・安心感が考えられる。それらに加えて、他社への流出防止、他のお客の紹介なども期待でき、その効果は絶大である。
  • 販売力を高めるには訪問面会件数を増やすこ...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発, マーケティング
著者
ページ数
213ページ
出版社
あさ出版 出版社ページ
定価
1,512円
出版日
2016年07月09日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
あさ出版 http://www.asa21.com/book/b239775.html
1枚のはがきで売上げを伸ばす方法 3.3 下良 果林 2016-11-11
1枚のはがきで売上げを伸ばす方法 1512

週間ランキング

1
著者:読書猿
2
著者:木下 斉
4
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
5
著者:内田 和成著、ボストン コンサルティング グループ企画/解説
6
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
7
著者:ニック・レーン 著 斉藤 隆央 翻訳
9
著者:細谷 功
10
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳