ヤバい社会学

一日だけのギャング・リーダー

ジャンル
政治・経済, グローバル
著者
ページ数
416ページ
出版社
東洋経済新報社 出版社ページ
定価
2,376円
出版日
2009年01月16日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

きわめて治安の悪い居住区、通称「ゲットー」。そこで暮らす人々がどのような生活を送り、ギャングたちとどう共存しているのか、ありのままを伝える文献や映像は少ない。そういう意味で、実際ゲットーに足を踏み入れ、住人やギャングたちと時間をともにし、その実態を生々しく描いた本書は貴重な文献だ。
彼らは、マスコミや民生委員たちに心底嫌気がさしてしまっている。著者が彼らに受け入れられたのは、白人ではなく南アジアからの移民という立場、そして大学院生という客観的に物事を観察できる立場にあったことが大きいだろう。著者が、彼らの生活に無知であることを隠そうともせず、素直に彼らの話に耳を傾けていたのも奏功したのかもしれない。
彼らのなかでも、特に著者と深く関わってくるのは、ギャングの若きリーダー・JTだ。ただ彼だけでなく、アメリカ最悪のゲットーの一つに数えられるロバート・テイラー・ホームズの人たちも、この「物語」においてなくてはならない存在である。例えばJTの母ミズ・メイは、著者が家に訪れるたびに食事を与え、温かくもてなす。彼女のような、貧しいなかにあっても支え合う住民たちの優しさに、著者は驚きを隠せない。それと同時に、「自分は調査対象に深入りしすぎているのではないか」と深く考えこむようにもなる。本書は、エスノグラフィーをするうえでの葛藤を、生々しく描き出した作品でもある。
本書を読むことで、アメリカという国のこれまで「隠されていた」景色が、ぐっと見えてくるに違いない。 (下良 果林)

著者情報

スディール・ヴェンカテッシュ (Sudhir Venkatesh)
ニューヨーク市のコロンビア大学で教授を務める。専門は社会学とアフリカ系アメリカ人研究。アメリカの貧困について膨大な著作がある。現在は、フランスとアメリカの都市部の貧困層の比較研究を行っている。ヴェンカテッシュの手による専門書、逸話、ドキュメンタリーは、『アメリカン・プロスペクト』誌、『ディス・アメリカン・ライフ』誌、『ザ・ソース』誌といった雑誌や、PBS、ナショナル・パブリック・ラジオなどで取り上げられている。

評点(5点満点)

総合 (4.0)
革新性 (5.0)
明瞭性 (4.0)
応用性 (3.0)

本書の要点

  • 著者が社会学に接するうちにおぼえた違和感は、研究者たちが調査対象としている貧しい人たちに会おうとせず、抽象的でよそよそしい議論しかしないことであった。
  • 警官は必ずしも住人の味方ではない。警官の...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
政治・経済, グローバル
著者
ページ数
416ページ
出版社
東洋経済新報社 出版社ページ
定価
2,376円
出版日
2009年01月16日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
東洋経済新報社 http://store.toyokeizai.net/books/9784492222959/
ヤバい社会学 4.0 下良 果林 2016-11-24
ヤバい社会学 2376

週間ランキング

1
著者:細谷 功
2
著者:岩嵜 博論
3
著者:メンタリスト DaiGo 著 リベラル社 編集
4
著者:コール・ヌッスバウマー・ナフリック 著 村井 瑞枝 訳
5
著者:Dr.ゼラーナ・モントミニー
6
著者:松崎 一葉
9
著者:ジョシュア・ベッカー 著 桜田 直美 翻訳
10
著者:神吉直人

おすすめのインタビュー