戦略を形にする思考術

レゴ(R)シリアスプレイ(R)で組織はよみがえる

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発, リーダーシップ・マネジメント
著者
ページ数
208ページ
出版社
徳間書店
定価
1,404円
出版日
2016年07月29日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら

要約者レビュー

今や世界的なブランドとなった玩具メーカー、レゴ社。同社はブロックおもちゃを販売するだけでなく、教育への応用にも熱心なことで知られている。自由にロボットや機械を組み立て、自分でプログラミングして動かせる「レゴ(R)マインドストーム(R)」といった製品や、「レゴ(R)スクール」という子ども向けの教育プログラムが特に有名である。
本書では、レゴを使った教育メソッドをもとに、チームの問題解決やコミュニケーションの活性化に役立てる「レゴ(R)シリアスプレイ(R)」(以下、レゴシリアスプレイ)というメソッドが紹介されている。このレゴシリアスプレイを活用したワークショップや会議は、ビジネスパーソンを対象に、組織単位で行われている点で新しい試みだといえよう。
レゴを組み立てるというように、手を動かして何かを形づくりながら行うコミュニケーションは、近年さまざまな分野で注目されている。建築の分野では、模型を製作することでクライアントとスムーズにイメージを共有している。またデザインの分野では、3Dプリンタでプロトタイプを作成し、開発を進めている。
レゴ(R)シリアスプレイ(R)は、無意識の領域にある、本当の思いを引き出し、表現していくものではあるが、こうした潮流の一角を成していることは間違いないだろう。要約では、実際にレゴシリアスプレイを体験できる手順をまとめた。ぜひ本書とレゴブロックを用意し、そのメソッドを体験してみてほしい。 (池田 明季哉)

著者情報

ロバート・ラスムセン
1946年、デンマーク生まれ。学校教員、校長を経てレゴ社教育部門に入社。研究開発部門の統括責任者として数多くの優れた教材製品を世に送り出した。代表的なプロジェクトにMITメディアラボとの共同開発による「レゴ(R)マインドストーム(R)」がある。MIT発の教育理論「コンストラクショニズム」、IMD発の戦略理論「シリアスプレイ」とレゴ(R)ブロックを融合させた社会人向けのメソドロジー「レゴ(R)シリアスプレイ(R)」の開発者。現在はレゴ社が世界で唯一公認するコミュニティモデル事業としてレゴ(R)シリアスプレイ(R)を世界中に広めるためにレゴ(R)シリアスプレイ(R)マスタートレーナー協会を設立、共同代表を務めている。

評点(5点満点)

総合 (3.8)
革新性 (4.0)
明瞭性 (3.5)
応用性 (4.0)

本書の要点

  • レゴシリアスプレイは、実際に手を動かすことで、言葉になっていない思いを引き出し、表現する手法である。また、組織の問題解決からプロジェクトの発案まで、幅広い範囲に応用できる。
  • レゴシリアスプレイのワークショップでは、...

続きを読むには会員登録が必要です

新規登録 ログイン

ジャンル
キャリア・スキル・自己啓発, リーダーシップ・マネジメント
著者
ページ数
208ページ
出版社
徳間書店
定価
1,404円
出版日
2016年07月29日
この本の要約をPDFでダウンロード
本の購入はこちら
徳間書店
戦略を形にする思考術 3.8 池田 明季哉 2016-11-30
戦略を形にする思考術 1404

週間ランキング

2
著者:中野 ジェームズ 修一
3
著者:吉田 昌生
4
著者:ジェームズ・アレン著、坂本 貢一 訳
5
著者:アレック ロス 著 依田 光江 翻訳
6
著者:松村 真宏 著
7
著者:大下 英治
9
著者:ユヴァル・ノア・ハラリ 著 柴田 裕之 訳
10
著者:庄司 克宏