about evaluation
評点基準について

革新性

書籍に示されるアイディアは、新しいまたは従来のアイデアに新たな視点を提供できているか。
  1. 一般的によく知られている従来のビジネス知識の提示にとどまっている。
  2. 従来のビジネスの概念や知識に対して、新たな視点はほとんど見られない。
  3. 従来のビジネスの概念や知識が大部分を占めるが、いくつかの革新的なアプローチや視点を含む。
  4. 新しいメソッド、戦略、概念や視点が内容の大部分を占め、革新性に富む。
  5. 全く新しい洞察や視点、または独自のビジネスイノベーションのアイデアが提示されている。

明瞭性

用語・図解などの表現や論理構成が読者にとってわかりやすく提示されているか。
  1. 難解な専門用語、長く複雑な文章、不明瞭な言い回しで書かれているうえ、非論理的。
  2. 難解な専門用語、長く複雑な文章、不明瞭な言い回しが多く、脆弱な論理構成となっている。
  3. 難解な専門用語には適切に注釈が書かれており、明瞭な文章で論理的に構成されている。
  4. テーマを理解するのに役立つ用語説明、概念の図解を含み、論理構成は良く推敲されている。
  5. テーマの理解を助ける用語説明や図解に富み、首尾一貫した強力な論理構成が展開されている。

応用性

読者が日常業務の中で、書籍に提示された考えや概念を適用することができるか。
  1. 日々の業務に応用できるようなアイデアやコンセプトはほぼ皆無で、理論的な洞察のみにとどまっている。
  2. 理論的な洞察と関連する実際の業務を結びつけるようなアイデアやコンセプトは限定的である。
  3. 理論的な洞察が大部分であるものの、いくつかの事例やチェックリストなどを含み、一定の応用性を有する。
  4. 多くのフレームワーク、チェックシート等のツール、およびケーススタディを伴う応用性の高いコンテンツを有する。
  5. ビジネスシーンに関連性の高い多くの事例やケーススタディ、実践的なツールを含み、応用性が極めて高い。