新年度ですね! 仕事に向かうココロを潤す、お薦め本5冊
楽しい読書でリフレッシュを

熊倉 沙希子

入社、昇進、転職など、お仕事シーンにさまざまな変化のある、春。自分のしていることを見つめなおす機会も多いのではないでしょうか。

「仕事で何を目指すべきか」、「何ごとかをなさねばならぬ……」といったモチベーションが改めてわきあがってくるのもこの時期です。そんな心をしっかりサポートし、よい方向へ導いてくれる5冊をご紹介しましょう。

天才たちの日課
天才たちの日課
著者
メイソン・カリー 石田文子(訳) 金原瑞人(訳)
出版社
フィルムアート社

ピカソやベートーヴェンら、161人の天才たちの制作や仕事の進め方の秘訣をまとめた、ショートショート風のエッセイ。

志は高く! ということで、天才たちの仕事の姿勢に学んでみてはいかがでしょうか。

仕事。
仕事。
著者
川村元気
出版社
集英社

こちらは現代を生きる日本の天才たちと、川村元気氏の対談集。彼らは何を思い、何を考え、どう働いてきたのでしょう。

読み終えるころにはきっと、「仕事がしたいです!」と叫びたくなります。

後世への最大遺物・デンマルク国の話
後世への最大遺物・デンマルク国の話
著者
内村鑑三
出版社
岩波書店

あなたは生きて後の世に何を遺したいですか。お金ですか、事業ですか、それとも……。

ページ数は少なく、さっと読めてしまうのに、ずしんと腹に響く一冊。100年以上も読み継がれてきた古典です。

宇宙の「一番星」を探して
宇宙の「一番星」を探して
著者
谷口義明
出版社
丸善出版

137億年という歴史を持つ宇宙の中で、最初に誕生した星を見つける。その夢を追いかけて宇宙を一途に研究する著者の姿に胸アツです。宇宙に思いを馳せれば、スケールの大きな未来を描けるかもしれません!?

休む技術
休む技術
著者
西多昌規
出版社
大和書房

まじめに考えたら、本書を読んでひと休み。上手に休めば上手に働けます。すぐに取り入れたい技のつまった一冊です。

連休にはぜひ、楽しい読書でリフレッシュを。休み明けに爽やかな気持ちでお仕事に戻れること請け合いです。

公開日:2015/04/30
このイチオシを友達にオススメする
1
人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている
人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている
ふろむだ
未 読
無 料
リンク
2
なぜ、世界のエリートはどんなに忙しくても美術館に行くのか?
なぜ、世界のエリートはどんなに忙しくても美術館に行くのか?
岡崎大輔
未 読
リンク
3
利益を出すリーダーが必ずやっていること
利益を出すリーダーが必ずやっていること
長谷川和廣
未 読
リンク
これからの時代を生き抜くための5冊。
これからの時代を生き抜くための5冊。
2017.08.09 update
リンク
リスナーと双方向でニュースを届ける The News Masters TOKYO
リスナーと双方向でニュースを届ける The News Masters TOKYO
2017.10.30 update
リンク