フライヤー会員なのに知らないとは言わせない! 超定番の自己啓発書 5選
自分を変える力を持った本との出会い

Jupiterimages/Creatas/Thinkstock

自己啓発書と聞いて、どのようなイメージを持っているだろうか。もしかすると、自己啓発書は軽い本で、気分転換に読むという程度に考えている人もいるかもしれない。

しかし、定番とも言える本格的な自己啓発書は、そんな印象を拭いさってくれることだろう。明日の自分の行動を変える力を持った本こそが、優れた書だと言える。

今回紹介する本は、そのような自己啓発書を厳選したものだ。読書家であればもちろんのこと、少しでも本を読んでいる人であれば、一度はタイトルを聞いたことがあるだろう。読了している人は改めて考えを整理するために、真剣に向き合ったことがない人は導入として、まず要約に触れていただきたい。

完訳 7つの習慣
完訳 7つの習慣
著者
スティーブン・R・コヴィー フランクリンコヴィージャパン(訳)
出版社
キングベアー出版
最も有名な自己啓発書にも位置付けられる『7つの習慣』は、成功者の行動・思考原理をバランス良くまとめられた一冊だ。いつ読んでも新鮮な気持ちで読めるこの本から、自分を磨く道のりを歩みはじめてはいかがだろうか。
新装版 人を動かす
新装版 人を動かす
著者
デール・カーネギー 山口博(訳)
出版社
創元社
『7つの習慣』と双璧をなす、自己啓発書の定番は本書だろう。より良く生きていくためには、周りの人といい信頼関係を築くことが不可欠だ。そのような普遍的な目的のための指針は、この一冊にある。
スタンフォードの自分を変える教室
スタンフォードの自分を変える教室
著者
ケリー・マクゴニガル 神崎朗子(訳)
出版社
大和書房
2012年から2013年のベストセラーであり、書店で目にした方は多いことだろう。一度しかない人生で、何か事を成し遂げようとするならば、『意志力』こそ不可欠な力だろう。本書には、サーベルタイガーとチーズケーキの共通点など、読者の興味を引いて止まないエピソードが多い。知的刺激に満ち、充実した時間を過ごせること疑いのない本である。
これからの「正義」の話をしよう
これからの「正義」の話をしよう
著者
マイケル・サンデル 鬼澤忍(訳)
出版社
早川書房
「正義」と聞いて身構えてしまったアナタ。読みごたえのある充実した一冊だからこそ、是非挑戦していただきたい。正義に対する確固たる確信がなければ、人の命を扱う自動運転などを人工知能に任せることもできない。事故が不可避の時、何を犠牲にするのか。他人の命か、自分の安全か。今だからこそ、改めて正義について考えよう。
武士道
武士道
著者
新渡戸稲造 矢内原忠雄(訳)
出版社
岩波書店
西洋では宗教教育が社会に道徳を根付かせる重要な位置を占めてきたと言われているが、日本においてそれは何だったのだろう。一説によれば、それは武士道だったという。「義を見てなさざるは勇なきなり」。日本人が基盤としている考え方は本書に記されている。 生きていく上で判断に迷うことは多い。そのようなときに支えになるのは、確固たる行動指針であり、人格そのものである。人生をかけてもそれが完成することはないだろう。ただ、より良く生きていくためには、自分の信じる道を、力強く歩んでいかなければならない。そしてその支えになるのが、ここで紹介したような本物の自己啓発書なのである。
このおすすめ要約を友達にオススメする
文責:大賀 康史 (2016/05/26)
1
お金2.0
お金2.0
佐藤航陽
未 読
リンク
2
モチベーション革命
モチベーション革命
尾原和啓
未 読
リンク
3
99%の日本人がわかっていない国債の真実
99%の日本人がわかっていない国債の真実
高橋洋一
未 読
リンク
元インテル社長が語る「優秀なリーダーが乗り越えるべき壁」
元インテル社長が語る「優秀なリーダーが乗り越えるべき壁」
2017.06.26 update
リンク
心が折れそうになったときに読みたい本5選
心が折れそうになったときに読みたい本5選
2017.03.09 update
リンク