スター・ウォーズのCG制作者、これからも映画の道を
『ミレニアム・ファルコンを作った男』著者・成田昌隆さん

スター・ウォーズのCG制作者、これからも映画の道を

23年間勤めた会社を辞め、背水の陣で夢へとひた走る――。誰にでもできる芸当ではありませんが、本書『ミレニアム・ファルコンを作った男』の著者、成田昌隆さんはそれを見事に成し遂げてきました。

大手証券のニューヨーク事務所長から、CGアーティストへと転身したのは45歳のとき。うまくいく確信はなかったものの、一途に自分を信じ、成功を掴み取りました。そこに至るまでの苦悩や挫折、葛藤が本書には凝縮されています。

要約公開に合わせ、本書に込めた思いや今後の展望についてインタビューで伺いました。いつか手が震えて作業できなくなる日が来るまではモデリングを続けたいという成田さん。静かで落ち着いた語り口の半面、語られる言葉はエネルギーに満ち溢れていました。

ミレニアム・ファルコンを作った男
ミレニアム・ファルコンを作った男
成田昌隆
光文社
本の購入はこちら
ミレニアム・ファルコンを作った男
ミレニアム・ファルコンを作った男
著者
成田昌隆
出版社
光文社
本の購入はこちら

地道な努力

── このたびは『ミレニアム・ファルコンを作った男』の刊行、おめでとうございます。ご著書にはどのような思いを込められましたか。

ありがとうございます。これは『スター・ウォーズ』のCGアーティストによる舞台裏の秘話ではありません。人生半ばにして一念発起し、憧れていた職業に就くという一連の過程を、忠実に描きました。「この人はこういうやり方で夢を叶えたんだ」という参考にしていただければという思いで、半生を振り返りました。

これまでNHKの番組や各種メディアにも取り上げていただきましたが、紙幅の関係などで、うまく成功した結果を強調してかっこよく編集してくださり、「すごい人」のように映っていました。ただ、そうした印象だと「そんな人生、私には無理」と思われてしまいそうです。「そんなことはありません」とお伝えしたかったのが本書です。

読んでいただければ分かるのですが、私は決して飛び抜けた才能や大志があったわけではありません。小さい頃からの夢を抱き続け、地道にコツコツ長い年月をかけ、挫折を経て、本当にいろいろな人の助けを借りながら夢を実現できました。それを知っていただければ、より多くの人の夢の実現をお手伝いできるかなと思いました。

そうした、番組や記事で描かれていない葛藤や苦悩も含めて、一人の人間が悪戦苦闘する様子を、自伝的に網羅して書かせていただきました。

── どういった方々を読者層として想定されていますか。

これから就職を考えている方やお仕事に悩みを抱えている方、何かやりたいことや再チャレンジしたいことがあるものの一歩を踏み出せない方など、幅広く読んでいただきたいですね。年齢的には20~50歳代を念頭に置いて執筆しました。

スター・ウォーズの衝撃

── 初めて映画「スター・ウォーズ」をご覧になったときのことは覚えていらっしゃいますか。

よく覚えています。高校1年生でした。封切りになった『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』は当時として画期的な撮影技術が駆使されていて、オープニングから心を奪われました。

それまでの特撮は、見たものを自分の頭の中で本物に変換しながら楽しむというものでした。例えば、ピカピカの飛行船をピアノ線で吊って、火薬をパーンと爆発させるといったシーンなどは、いかにも「おもちゃ」感があったんです。

ところがスター・ウォーズは、それまでの日本で触れてきたテレビの特撮や映画にはない、見たものがそのまま本物に見えるという完成度で、本当に仰天しました。

カメラワークも、自分が実際に宇宙船に乗って操縦していると錯覚するような、素晴らしいテクニックでした。

── それでも一番好きな映画はスター・ウォーズではなく、オードリー・ヘプバーンが出演する『シャレード』だと伺いました。

そうなんです(笑)。よく勘違いされるのですが、スター・ウォーズの制作に携わりたくてこの業界に入ったわけではなく、映画が大好きだったのでこの世界に入りました。と言うのも、私が転職を決意した時、スター・ウォーズはいったん完結していました。業界に入って数年後にスター・ウォーズがリブートすることになり、たまたま出会ったという流れです。

洋画ではその他、『ライトスタッフ』、『愛と追憶の日々』、『ティファニーで朝食を』をよく観ます。邦画は『七人の侍』、『椿三十郎』、『隠し砦の三悪人』など黒澤映画は大好きで、自分が落ち込む時によく観返します。降旗康男さんの『駅 Station』や山田洋次さんの『男はつらいよ』シリーズもお気に入りです。

── 最も感銘を受けた書籍は何ですか。

初めて夢中になって読んだのは、今でもよく覚えている3つの作品、モーリス・ルブランの『奇巌城』(きがんじょう)、コナン・ドイルの『失われた世界』、ヘンリー・ハガードの『ソロモン王の洞窟』です。カラーの口絵に惚れまして、幼心にわくわくしながら相当読み込みました。それで、本が好きになったというのはあります。

中学生になると、吉川英治の『宮本武蔵』にはまりました。孤高の人物として憧れを抱きましたね。

高校に入ってからは、『高層の死角』など森村誠一の作品を繰り返し何度も読み返しました。

学生時代の部活動も糧に

── 大変な映画通でいらっしゃいますが、大学の専攻や当初の就職先は映画とは関係なかったのですね。

はい。その頃は受動的というか、流されてぼーっと生きていました(笑)。「これがやりたい」というよりも、知名度や目に入りやすかった情報から、コンピューターがあまり普及していなかった当時としては理系の最先端、花形と思われていた電気電子学科へ進みました。

── 学生時代に取り組まれていた陸上や演劇を始められたきっかけは何でしたか。

演劇は学生時代に観たミュージカルに非常に感銘を受け、のめり込んでいきました。陸上は、球技が苦手だったので、走ることなら……と陸上を選んだということもありますが(笑)。

何かにとことん打ち込んだ経験によって、のちに仕事でも生きる、根気強い精神力を養えましたね。

引っ越しで断捨離

CGモデラーとして身を立てるために、ニューヨークからロサンゼルスに引っ越されました。その際の段ボールが760点、相当な量ですね。「泣く泣く手放した」物もあったと書かれていました。

なかなか捨てられず何でも取っておく性分で、あれでも減らした方なのです。賞を取った模型作品なんかもオークションサイトで売り払ったり、処分したり、泣く泣く断捨離しましたね。

── そんな中でも、特に捨てられなかったものはなんでしょうか。

本書にも出てくるCGの作品集「デモリール」のVHSテープは大切に取ってありますね。またその時に自分で組み立てたPCや、転職活動中に収集した雑誌などもずっと保管してあります。

── 本書に出てくるお父さまがクリスマスに作ってくれたという『ウルトラマン』の戦闘機のプラモデルも残されているのでしょうか。とても思い出深く、ある意味、成田さんの創作活動の原点とも言えるような品とお見受けしました。

残念ながらありません。もういつどこでなくしたのやら。父とはじっくり話したことがあまりなく、父とつながる貴重な原点で、残っていれば一番の宝物だったのですが。

手が震えて満足な仕事ができなくなるまではモデラーでいたい

── 今後の展望をお聞かせください。

本書に、出せるものは全て出し尽くしたと思っています。当面はCG、モデリングの仕事に100%、全神経を集中させて打ち込みたいです。

── 将来的に映画のプロダクションにもご関心があるとうかがいました。

そうですね。いつかは手が震えて、モデリングができなくなる時が来ると思っていまして、ただそうなっても、やはり映画の仕事に携わっていきたいと思っています。

その場合はまたゼロから、映画学校に通い直して再挑戦ですね。

── 素晴らしい気力、精神力ですね。あらためて、夢に向かって一歩を踏み出そうとする方、本書の読者にメッセージをお願いします。

まずは夢を見つけることが大切です。今、夢がある人は持ち続けること、そしてとにかく行動すること。行動し、少しずつでも努力を積み重ねていくと、いつの間にか思いもよらぬ巡り合わせが運を引っ張って来ることがあります。

人生は短いとも言われますが、私は長いという見方もできると思っています。

3~5年くらい、回り道でもいいので、とにかくやってみるということが大事だと思います。

それと、私がCGモデラーになれたのは、日本と違い、年齢にかかわらず再チャレンジやジョブチェンジがしやすい米国に居たという条件も大きかったですね。ただ、日本においても、インターネットの発達により、昔に比べると格段に情報が得やすく、チャレンジをしやすい環境が整っていると思います。

いくつになっても夢を追い掛けられる、そんな社会であってほしいですね。

ミレニアム・ファルコンを作った男
ミレニアム・ファルコンを作った男
成田昌隆
光文社
本の購入はこちら
ミレニアム・ファルコンを作った男
ミレニアム・ファルコンを作った男
著者
成田昌隆
出版社
光文社
本の購入はこちら

※写真はすべて成田さん提供

成田昌隆(なりた まさたか)

ルーカスフィルム/ILM シニアCGモデラー。1963年生まれ、愛知県出身。名古屋大学工学部を卒業後、NECを経て日興證券へ転職。‘93年から米国赴任。会社勤めのかたわらCGの独学を始め、米VFX業界への転身を決意し退職。専門学校を経て2009年、46歳にしてハリウッドのVFX業界にプロデビュー。メソッドスタジオにて『タイタンの逆襲』のモデリングスーパーバイザー、デジタルドメインにて『アイアンマン3』のリードモデラーなどを経て現職。『スター・ウォーズ』エピソード7-9ではミレニアム・ファルコンやスター・デストロイヤーなどのCGモデリングを担当。

このインタビューを友達にオススメする
文責:南龍太 (2021/10/08)

今週の要約ランキング

1
気くばりがうまい人のものの言い方
気くばりがうまい人のものの言い方
山﨑武也
未 読
リンク
2
世界で活躍する人の小さな習慣
世界で活躍する人の小さな習慣
石倉洋子
未 読
リンク
3
人生の扉を開く最強のマジック
人生の扉を開く最強のマジック
ジェームズ・ドゥティ 関美和(訳) 荻野淳也(解説)
未 読
リンク

おすすめ要約診断

イチオシの本

未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2021年9月~10月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2021年9月~10月)
2021.10.26 update
リンク
10月27日は「読書の日」
10月27日は「読書の日」
2021.10.25 update
リンク
100年以上「流される」ことに悩んできた人間
【ビジネスパーソンのための 一生使える教養】 100年以上「流される」ことに悩んできた人間
2021.10.25 update
リンク
人生の扉を開くマジックに出合えるか
【編集部のイチオシ10月号】 人生の扉を開くマジックに出合えるか
2021.10.22 update
リンク

インタビュー

あなたに合った学び方が必ず見つかる
あなたに合った学び方が必ず見つかる
2021.10.18 update
リンク
なぜ、いま企業に「ナラティブ」が必要なのか?
なぜ、いま企業に「ナラティブ」が必要なのか?
2021.10.12 update
リンク
スター・ウォーズのCG制作者、これからも映画の道を
スター・ウォーズのCG制作者、これからも映画の道を
2021.10.08 update
リンク
今日から「数字に強い人」になれるシンプルな3つの方法
今日から「数字に強い人」になれるシンプルな3つの方法
2021.10.05 update
リンク
1
気くばりがうまい人のものの言い方
気くばりがうまい人のものの言い方
山﨑武也
未 読
リンク
2
世界で活躍する人の小さな習慣
世界で活躍する人の小さな習慣
石倉洋子
未 読
リンク
3
人生の扉を開く最強のマジック
人生の扉を開く最強のマジック
ジェームズ・ドゥティ 関美和(訳) 荻野淳也(解説)
未 読
リンク
朝の時間をもっと楽しく! あなたの朝活を充実させる本
朝の時間をもっと楽しく! あなたの朝活を充実させる本
2021.09.21 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2021年9月~10月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2021年9月~10月)
2021.10.26 update
リンク
福岡市市長が、「福岡市から日本を変える」ことにこだわるワケ
福岡市市長が、「福岡市から日本を変える」ことにこだわるワケ
2021.07.22 update
リンク
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る