発売即重版。実業界騒然の3次元小説 『殺し屋のマーケティング』
【ほんをうえるプロジェクトのイチオシ】

ほんをうえるプロジェクト
殺し屋のマーケティング
殺し屋のマーケティング
三浦崇典/著
ポプラ社
本の購入はこちら
殺し屋のマーケティング
殺し屋のマーケティング
著者
三浦崇典/著
出版社
ポプラ社
本の購入はこちら

ほんをうえるプロジェクトは、本屋さんでのAIやIoTを応用した取組みを「マクルーハンの本棚」と名づけた。その理由の一つは、情報産業の重大な転換点にあって、文明評論家マーシャル・マクルーハンの指摘が再び重要な意味を持つと感じていたからだ。

彼は「われわれはバックミラーを通して現代を見ている。われわれは未来に向かって、後ろ向きに進んでゆく」と述べている。狭義では、電話を「話す電報」と呼んだり、自動車を「馬無し馬車」を呼んだりする、ということを意味している。

しかし、私はもう少し広く解釈してみたいのだ。例えば、商品の仕入は販売情報をもとにされるようになった。しかしそれは、昨日までに「売れた」商品の情報であって、これから売れる商品の情報ではなく、その選択は必ずしもベストではないのだ。過去に頼りすぎると、縮小均衡に陥ってしまう。

前段が長くなってしまった。本書『殺し屋のマーケティング』に書かれた「マーケティング主義からコンテンツ主義へ」という主張は、マクルーハンが残した「われわれはバックミラーを通して現代を見ている~」と同じような重みを持つ。過去を分析する発想から、未来を創る発想へ。まさに、コペルニクス的転回が求められているのである。

本書はそれらのメッセージを「小説」という形式で伝えている。ミステリーとしても、泣ける物語としても、マーケティング論としても上質で、3次元の広がりを持つ満足度の高い小説といえる。読んでいて映像が目に浮かぶ感じがしたが、近々、舞台でも上演される予定なのだそうだ。

主人公の桐生七海は「受注数世界一の、殺しの会社を創りたい」という強い動機をもって、最強のマーケッター・西城潤に弟子入りする。その師匠からマーケティング技法を学び、キラーコンテンツである「最強の殺し屋」と出会いビジネスを軌道に乗せる。

しかし、物語はそこで終わらない。七海の父や、政界の大物、そして美しき女たち……。様々な登場人物の想いを結集させた物語の結末は、読み応え十分である。そこまでに張られた伏線が一気に回収され、後味の良い涙が流せる。一粒で3度美味しい本だ。

さらに巻末には、著者が実践で身につけた「7つのマーケティング・クリエーション」というメソッドが紹介されている。行列のできる和菓子屋「吉祥寺小ざさ」の例を示しながら、具体的に説明されているので、腹に落ちる。机上に置いて繰り返し眺め、本書の図解を記憶として定着させたいと思った。3年以上の年月をかけて書きあげられただけあって、著者の全体重がかかった、真摯な印象の本である。

ほんをうえるプロジェクト 吉村博光

「ほんをうえるプロジェクト」とは?

植物に水をやってゆっくりと育てるように、本ももっとていねいに売っていこうと、出版総合商社トーハンがはじめたプロジェクトです。新刊やベストセラーに限らず、独自の手法で良書を発掘し、本屋さんにご提案しています。同じ趣味をもった方同士がつながれる、「 #好きな本を語ろう 」というコミュニティを運営中です。ぜひご参加ください!

ほんをうえるプロジェクト公式Facebook

新入社員のうえだくん@ほんをうえるTwitter

#好きな本を語ろう Twitter

公開日:2017/11/24
このイチオシを友達にオススメする

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
Think Smart
Think Smart
ロルフ・ドベリ 安原実津(訳)
未 読
リンク
2
SELFISH(セルフィッシュ)
SELFISH(セルフィッシュ)
トマス・J・レナード
未 読
リンク
3
葉隠 処世の道
葉隠 処世の道
前田信弘(編訳)
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

ベストセラーの“アホ本”がまんが版で登場!
ベストセラーの“アホ本”がまんが版で登場!
2020.01.28 update
リンク
フライヤー編集部が選ぶ、2019年最高の一冊!
フライヤー編集部が選ぶ、2019年最高の一冊!
2020.01.22 update
リンク
『僕たちはヒーローになれなかった。』
『僕たちはヒーローになれなかった。』
2020.01.21 update
リンク
今年こそやってみたいこと、ありませんか?
今年こそやってみたいこと、ありませんか?
2020.01.20 update
リンク

Interview
インタビュー

落合陽一氏が語る、「2030年の世界」はどこに向かうのか?
落合陽一氏が語る、「2030年の世界」はどこに向かうのか?
2020.01.10 update
リンク
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
2019.12.23 update
リンク
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
2019.12.17 update
リンク
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
2019.12.10 update
リンク
1
Think Smart
Think Smart
ロルフ・ドベリ 安原実津(訳)
未 読
リンク
2
SELFISH(セルフィッシュ)
SELFISH(セルフィッシュ)
トマス・J・レナード
未 読
リンク
3
葉隠 処世の道
葉隠 処世の道
前田信弘(編訳)
未 読
リンク
現役アナウンサーがズバリ教える『人前で輝く!話し方』
現役アナウンサーがズバリ教える『人前で輝く!話し方』
2018.11.02 update
リンク
シリコンバレーの常識、「逆説のスタートアップ思考」を身につけるには?
シリコンバレーの常識、「逆説のスタートアップ思考」を身につけるには?
2017.06.07 update
リンク