ビジネスマンを力強く導く1冊 『世界基準の働き方』
【さわや書店のイチオシ】

さわや書店

私が現在の書店で働き始めた若い頃。 当時の店長は、今でいうカリスマ書店員の先駆けで、偉大な存在でした。 いつも自信に満ち溢れ、強烈なリーダーシップを発揮するその姿を、私も含め他のスタッフは尊敬していたものです。
そんな店長に、「なぜ、いつもそんなに強気でいられるのですか。」と聞いたことがあります。
その答えが「リーダーが不安になると、ついてくる部下も不安になるもの。部下を導くためにも、リーダーはいつも強気でいなくてはならないと考えている。」
そんな店長の言葉が真っ先に頭に甦ってきたのが、本書『世界基準の働き方』(高岡浩三著・PHP研究所刊)。

世界基準の働き方
世界基準の働き方
高岡浩三
PHP研究所
本の購入はこちら
世界基準の働き方
世界基準の働き方
著者
高岡浩三
出版社
PHP研究所
本の購入はこちら

「~私は今こうして経営トップを任せられている。それはなぜかと言えば、会社から期待される以上の成果を出し続けてきたからだ。社長に就任する前も、新人時代から約30年に渡って個人の目標を達成し続けてきた。会社に与えられたターゲットを割ったことは一度もない。」
と、自身に満ち溢れた記述で始める著者は、ネスレ日本・代表取締役社長兼CEO。 初めての生え抜きの日本人社長に就任したその経緯や、「キットカット受験生応援キャンペーン」、「ネスカフェ アンバサダー」といった企画の成功体験から導かれる言葉は力強く、読者をぐいぐい引っ張っていきます。

ところで昨今、ビジネス書の売り場に元気がない、という声を多々耳にします。
例えば、働き方の急激な変化に、ビジネス書のノウハウが対応仕切れてない面もあるのかも知れません。 しかし、私はそれ以上に、ビジネスマンを力強く導く著者が、少なくなってきたことが原因のような気がしています。 そんな中において、高岡氏は、ビジネスを通じて生き方を示すことが出来る数少ない著者のひとり。
ぜひ、本書で本物のビジネスマンの教えを味わってみて下さい。

公開日:2017/06/30
このイチオシを友達にオススメする

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
SELFISH(セルフィッシュ)
SELFISH(セルフィッシュ)
トマス・J・レナード
未 読
リンク
2
アート思考
アート思考
秋元雄史
未 読
リンク
3
記録の力
記録の力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

『僕たちはヒーローになれなかった。』
『僕たちはヒーローになれなかった。』
2020.01.21 update
リンク
今年こそやってみたいこと、ありませんか?
今年こそやってみたいこと、ありませんか?
2020.01.20 update
リンク
資料に残されなかった歴史を知る『ハーメルンの笛吹き男』
【書店員のイチオシ】 資料に残されなかった歴史を知る『ハーメルンの笛吹き男』
2020.01.17 update
リンク
「ピンチをチャンスに変える」方法『会社を潰すな!』
「ピンチをチャンスに変える」方法『会社を潰すな!』
2020.01.07 update
リンク

Interview
インタビュー

落合陽一氏が語る、「2030年の世界」はどこに向かうのか?
落合陽一氏が語る、「2030年の世界」はどこに向かうのか?
2020.01.10 update
リンク
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
2019.12.23 update
リンク
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
2019.12.17 update
リンク
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
2019.12.10 update
リンク
1
SELFISH(セルフィッシュ)
SELFISH(セルフィッシュ)
トマス・J・レナード
未 読
リンク
2
アート思考
アート思考
秋元雄史
未 読
リンク
3
記録の力
記録の力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク
日常の自分を楽にしてくれる『ずぼらヨガ』
日常の自分を楽にしてくれる『ずぼらヨガ』
2017.07.07 update
リンク
テクノロジーが変える「つながり」の未来図とは?
テクノロジーが変える「つながり」の未来図とは?
2017.02.03 update
リンク