社員を成長させる目標設定と評価制度とは
第7回 Lunch time ビジネスワークアウト 【イベントレポート】

社員を成長させる目標設定と評価制度とは

ランチを食べながら「知的筋力」を鍛えるフライヤーの「Lunch timeビジネスワークアウト」ウェビナー。2021年4月14日(水)のお昼の時間帯に第7回が行われました。和やかなムードの無料オンラインセミナーに、今回もたくさんの方がご参加くださいました。

メインスピーカーは株式会社フライヤーアドバイザー兼エバンジェリストの荒木博行さんです。本記事では、当日のセミナーの様子をダイジェストで再構成してお届けします。

荒木博行:本日のテーマは「社員を成長させる目標設定と評価制度」です。

組織の指標となるKPI(Key Performance Indicator)と同様に、OKR(Objectives and Key Results)という言葉も徐々に市民権を得始めているでしょうか。

社員の成長を促す目標を設定するのに役立つ、そんな6冊をご紹介したいと思います。

1. KPIは1つに絞れ

最高の結果を出すKPIマネジメント
最高の結果を出すKPIマネジメント
中尾隆一郎
フォレスト出版
本の購入はこちら
最高の結果を出すKPIマネジメント
最高の結果を出すKPIマネジメント
著者
中尾隆一郎
出版社
フォレスト出版
本の購入はこちら

最初は『最高の結果を出すKPIマネジメント』から、「KPIは1つであることが重要」というポイントを取り上げます。KPIが複数ある会社も少なくないため、意外と勘違いされがちな点ですね。

KPIを信号機として捉えるならば、それが複数目の前にあるとすると、進むべきか止まるべきか、分からなくなってしまいますよね。実際、KPIが多いために組織のメンバーが何を意識すべきか分からなくなっているケースも見受けられます。

明確に重視するKPIを絞らないといけません。まず経営者が組織で意識すべき指標が何かを理解し、それを絞り込むことがポイントです。

最重要のKPIを見つけ出し、その勘所を押さえて改善すれば組織全体のレバレッジが利きます。反対に、KPIが複数あると力が分散してしまい、一丸となれません。「とにかくこれに力を注ぐんだ」という優先順位を付けることが何より先決です。

2.OKRのOに重しを

OKR
OKR
クリスティーナ・ウォドキー,二木夢子(訳),及川卓也(解説)
日経BP
本の購入はこちら
OKR
OKR
著者
クリスティーナ・ウォドキー 二木夢子(訳) 及川卓也(解説)
出版社
日経BP
本の購入はこちら
次に本書のタイトルでもある『OKR』は、目標と評価のフレームワークです。近年、スタートアップ企業の間でよく使われており、フライヤーも導入しています。

O(目標)は抽象的な目標、目的といった概念であり、それを実現しているかの結果指標として数値的に表したKR(主要な成果)があるという関係です。Oの実現に向けてKRを設定し、常にOを意識しながらKRを達成していきます。つまり、上位概念のOに対して、下位概念としてKRがあります。

注意しなければならないのは、社員は仕事をこなすうえでKRの奴隷になってしまいがちということです。どういうことかと言えば、KRには数字が出てくる、すると上位概念であるはずのOがおろそかになる。さらに上位概念がおろそかになると、部分最適が起きてしまう。達成しやすいKRばかりに目が行き、KRは達成できても結果的に肝心なOを実現できないということは、ありがちな罠です。

本書はその落とし穴にはまらぬよう注意喚起しています。上位概念、至上命令が遂行されるよう、Oにしっかり重しを載せ、意識が向くようにしておくことが重要です。

3.個人の視点を尊重する

NINE LIES ABOUT WORK
NINE LIES ABOUT WORK
マーカス・バッキンガム,アシュリー・グッドール,櫻井祐子 (訳)
サンマーク出版
本の購入はこちら
NINE LIES ABOUT WORK
NINE LIES ABOUT WORK
著者
マーカス・バッキンガム アシュリー・グッドール 櫻井祐子 (訳)
出版社
サンマーク出版
本の購入はこちら
続いて『NINE LIES ABOUT WORK(仕事に関する9つの嘘)』です。こちらは、いろいろなセオリーに対するアンチテーゼが語られています。これまでKPIやOKRといった目標の大切さを説明してきましたが、「目標を上から下に課しても、生産性の向上につながる証拠は1つもない。良い目標はそれが自発的に設定されたかどうかだ」と説いています。

本書が示唆に富んでいるのは、相互の対話がとても重要だという点です。上から押し付けられるような目標は、生産性を阻害する恐れがあると指摘しています。

これは深い話です。組織を機械的に捉えるか、あるいは生物的に捉えるかという見方の違いとも言えます。

組織を機械に見立てた場合というのは、例えば1億円の売上目標達成のため、部下2人に5000万円ずつノルマを機械的に割り当てるようなやり方です。これだと社員は歯車のように扱われ、採用においても「足りないパーツに当てはまる人員を外から調達すればいい」という考え方になってしまいます。

一方、組織を生き物に見立てると、「あなたはどうしたいの?」という個々の思いが尊重され、全体の調和が取れていきます。「うちの組織はこういう目標を掲げていますが、あなたの目標は何ですか? あなたの人生と重なり合いますか? うまく組み合わさると何かいい連鎖が起こるかもしれませんね」といった考えです。とても重要な見方でしょう。

4. 気付ける力

楽しくない仕事は、なぜ楽しくないのか?
楽しくない仕事は、なぜ楽しくないのか?
土屋裕介,小屋一雄
プレジデント社
本の購入はこちら
楽しくない仕事は、なぜ楽しくないのか?
楽しくない仕事は、なぜ楽しくないのか?
著者
土屋裕介 小屋一雄
出版社
プレジデント社
本の購入はこちら
続いて4冊目は『楽しくない仕事は、なぜ楽しくないのか?』です。禅問答みたいなタイトルですが、これはエンゲージメントについて書かれた本です。

エンゲージメントは「組織に貢献する積極的な姿勢」といった意味で、それを高めるには「仕事の意味・強み」「成長」「人間関係」の3要素が重要です。つまり、「仕事に対するやりがい」「成長している実感」「良好な人間関係」、この3つがそろうと働く意欲がかき立てられるということです。

これはとても大事で、上司が目標設定する場面においては、この部分を認識できているかがカギとなります。中でもポイントになるのは「成長」です。人は自覚がなくとも、実は成長はしています。経験を通じて気付きを得ています。

今日1日を経験する前のあなたと、明日のあなた、その差分が成長です。たとえ微小な伸びであっても、上司がそれに気付いて言葉や意味を与えることができれば、立派な成長と言えるでしょう。目標設定に当たり、上司が見落とさずにこの気付きを与えることが大事です。

こうした成長に、自分では意外と気付けないものです。他人が呼び水を与えてあげることが成長につながっていきます。

5. 相手の真意を知る

できる上司は会話が9割
できる上司は会話が9割
林健太郎
三笠書房
本の購入はこちら
できる上司は会話が9割
できる上司は会話が9割
著者
林健太郎
出版社
三笠書房
本の購入はこちら
続いて『できる上司は会話が9割』、これも最近フライヤーで要約が出ましたね。

難しいのですが、会話において言葉に出てこない部分をしっかり聞き出して気付きを促すこと、これが大切になってきます。

例えば、部下が「これは自分で決めた目標ではないので……」と言ったとしましょう。そこで、「は? じゃあ誰が決めたの? 」みたいに頭ごなしに否定してしまっては対話にならないし、もう相手はその件に触れたくなくなりますよね。

そうではなく、「なるほど、どういうこと? 」というように言葉に出てこない部分に耳を傾け、真意を得るのです。本当は「目標設定したくないわけではない。でももやもやしている……」と言ったときに、そこを深く聞き出すのです。

1対1の会話は本当に大事です。OKRなど目標達成に向けたいろいろな手法がありますが、何よりもミクロの会話が一番だと感じています。会話を頑張りましょう。

6. スライムを処理する

最後までやりきる力
最後までやりきる力
スティーヴ・レヴィンソン,クリス・クーパー,門脇弘典(訳)
クロスメディア・パブリッシング
本の購入はこちら
最後までやりきる力
最後までやりきる力
著者
スティーヴ・レヴィンソン クリス・クーパー 門脇弘典(訳)
出版社
クロスメディア・パブリッシング
本の購入はこちら
最後は先ほどのお話の延長で、『最後までやりきる力』をご紹介します。

誰にでも必ずやらなければならない仕事というものはありますが、どうしてもやる気の起きない「スライム」的な仕事ってありますよね。スライムは「重くてネバネバしていて、反抗的で不快な存在」を表しています。

目標設定がうまい上司、エンゲージメントを高めるのが上手な人は、相手との対話の中でスライムを特定し、「じゃあそのスライムを分割してみようか」といった具合に処理方法を一緒に考えてあげられる人です。一番やりたくないスライムをちょっとずつ細かくちぎっていけば、相手も何とか処理できそうな気がしてきます。



本日は、社員の成長と目標設定を考えるための6冊をご紹介しました。

今日の「ビジネスワークアウト」を踏まえ、組織に貢献しつつ自分の成長にもつながるような目標設定を実践していただければ幸いです。

flierのゴールドプランに登録すると、今回紹介した本の要約を含め、flierで公開されているすべての要約が読み放題になります。この機会にぜひご利用ください。

「Lunch time ビジネスワークアウト」は、今後も定期的に開催予定です。次回もお楽しみに!


荒木博行(あらき ひろゆき)

株式会社学びデザイン 代表取締役社長、株式会社フライヤーアドバイザー兼エバンジェリスト、株式会社ニューズピックス NewsPicksエバンジェリスト、武蔵野大学アントレプレナーシップ研究所客員研究員、株式会社絵本ナビ社外監査役。

著書に『藁を手に旅に出よう』(文藝春秋)『見るだけでわかる! ビジネス書図鑑』『見るだけでわかる!ビジネス書図鑑 これからの教養編』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『世界「倒産」図鑑』(日経BP)など。Voicy「荒木博行のbook cafe」毎朝放送中。

このコラムを友達にオススメする
文責:南龍太 (2021/05/12)
今週の要約ランキング
1
「僕たちのチーム」のつくりかた
「僕たちのチーム」のつくりかた
伊藤羊一
未 読
リンク
2
発達障害「グレーゾーン」 その正しい理解と克服法
発達障害「グレーゾーン」 その正しい理解と克服法
岡田尊司
未 読
リンク
3
オンライン脳
オンライン脳
川島隆太
未 読
リンク
おすすめ要約診断
イチオシの本
「働き方本」のテッパン3冊
「働き方本」のテッパン3冊
2022.11.29 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年10月~11月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年10月~11月)
2022.11.26 update
リンク
出版社のイチオシ#085
出版社のイチオシ#085
2022.11.18 update
リンク
「習慣術本」のテッパン3冊
「習慣術本」のテッパン3冊
2022.11.15 update
リンク
インタビュー
『嫌われる勇気』で気づいた、自分で目的を決める大切さ
『嫌われる勇気』で気づいた、自分で目的を決める大切さ
2022.11.28 update
リンク
好奇心旺盛なのに繊細、「かくれ繊細さん」がやりたいこと探しで迷子になるワケ
好奇心旺盛なのに繊細、「かくれ繊細さん」がやりたいこと探しで迷子になるワケ
2022.10.18 update
リンク
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
2022.09.20 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク
1
「僕たちのチーム」のつくりかた
「僕たちのチーム」のつくりかた
伊藤羊一
未 読
リンク
2
発達障害「グレーゾーン」 その正しい理解と克服法
発達障害「グレーゾーン」 その正しい理解と克服法
岡田尊司
未 読
リンク
3
オンライン脳
オンライン脳
川島隆太
未 読
リンク
ご飯がおいしい季節に知りたい!健康にもダイエットにも効く食事
ご飯がおいしい季節に知りたい!健康にもダイエットにも効く食事
2022.10.31 update
リンク
「仕事術本」のテッパン3冊
「仕事術本」のテッパン3冊
2022.06.08 update
リンク
好奇心旺盛なのに繊細、「かくれ繊細さん」がやりたいこと探しで迷子になるワケ
好奇心旺盛なのに繊細、「かくれ繊細さん」がやりたいこと探しで迷子になるワケ
2022.10.18 update
リンク